Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

思ったこと

SB LIIスナップ数にみる回顧&課題 - OT -

今回はOTについて。

===

#77 ネイト・ソルダー 29歳 → UFA
SB LII:76/76
2017シーズン:16ゲーム、16スタート、6被サック、19被QBヒット、10被プレッシャー、7ペナルティー

#71 キャメロン・フレミング 25歳 → UFA
SB LII:76/76
2017シーズン:12ゲーム、6スタート、6被サック、1被QBヒット、6被プレッシャー

#68 ラドリアン・ウェドル 26歳 → UFA

SB LII:0/75
2017シーズン:12ゲーム、4スタート、0被サック、7被QBヒット、1被プレッシャー

#61 マーカス・キャノン 29歳
SB LII:0/75 → IR
2017シーズン:7ゲーム、7スタート、6.5被サック、3被QBヒット、4被プレッシャー、2ペナルティー

#63 アントニオ・ガルシア 24歳
SB LII:0/75 → リザーブ/ノン・フットボール・イルネス
2017シーズン:プレーせず

===

SBでフル出場&アクティブ・ロスターのソルダー、フレミング、ウェドルが揃ってUFA。

フレミング、ウェドルは年齢も若いし、大舞台での経験もあるので、他チームの注目度は高いと思います。

2人とも、オフのキャンプではイマイチだったんですけれどね。シーズン中に成長しました。

ウェドルについてはケガが多いので、その点は懸念材料でしょうね。他チームでスタメンをはれるか否か。

2人とも、再契約は難しいかな。どちらかと、年2M、3年契約ぐらいでどうでしょうか。

そして、なんといっても、ソルダー。

シーズン通してゲームに出たOTはソルダーだけ。シーズン序盤は不安定なところを見せましたが、シーズン終盤になって安定したプレーを見せるようになりました。これは、OL全般にいえることですが。

OLの柱としても、再契約を望むところです。問題は、やっぱりサラリーでしょうね。キャップ・スペースに余裕の無いPatsとしては、10Mを超えるのは難しいでしょうか。

一方で、チームはドラフトでピックしたガルシアを早々にリザーブ・リストに入れました。オフのキャンプをみても、フレミングとウェドルに経験を積ませ、ドラフトで同じくピックしたマクダーモット(現BUF)をプレシーズンゲームに使うという具合でした。

ガルシアについては、当初からシーズン中に使わないような感じでしたね。今シーズンはソルダーを使って、来シーズンはガルシアにLTを任せる、というようにも見受けられました。もしかすると、チームはガルシアについて、かなりの高評価を与えているのかもしれません。6巡とはいえ、マクダーモットをあっさりとロスター外にしましたしね。これについてはこれからのFAやドラフトである程度は予測できるでしょうか。ガルシアに信頼を置いていないのであれば、ドラフト上位、それこそ1巡でOTをピックする可能性があります。

2018シーズンは、RTキャノン、LTガルシア、控えはコール・クロストン、FA、ドラフト下位ピックorルーキーFAあたりになるのでしょうか。

不安もありますが、楽しみもあります。


SB LIIスナップ数にみる回顧&課題 - LB -

SB LIIのスナップ数から、2017シーズンはどうだった、2018シーズンはこうして欲しい、ということをつらつらと書いていきたいと思います。

まずは、最も問題があると思われるLBから。

===

#53 カイル・ヴァン・ノイ 26歳 
SB LII:75/75
2017シーズン:13ゲーム、12スタート、58タックル、5.5サック、2PD、0FF

#92 ジェームズ・ハリソン 39歳 → UFA
SB LII:69/75
2017シーズン:1ゲーム、0スタート、3タックル、2サック、0PD、1FF

#52 エランドン・ロバーツ 23歳
SB LII:44/75
2017シーズン:15ゲーム、14スタート、45タックル、2サック、1PD、0FF

#59 マーキス・フラワーズ 25歳 → UFA
SB LII:18/75
2017シーズン:16ゲーム、2スタート、23タックル、3.5サック、1PD、1FF

#54 ドンタ・ハイタワー 27歳
SB LII:0/75 → IR
2017シーズン:5ゲーム、5スタート、12タックル、2サック、0PD、0FF

#45 デビッド・ハリス 33歳
SB LII:0/75 → インアクティブ
2017シーズン:10ゲーム、6スタート、15タックル、1.5サック、1PD、0FF

===

ヴァン・ノイはキャリアハイの成績。

ハイタワーとともに、強力デュオを形成してくれるはず、でした。

ただ、2人とも、ケガがち。

PatsのD#はニッケル・フォーメーションを多用するので、LBの2人には負担が増します。

昨シーズンまではDEニンコビッチが、ときにはDE、ときにはLBの役目を果たし、LBの負担を減らしていました。ところが、ニンコビッチのようなversatilityのある選手がいなくなって、LBの力量がモロに影響しました。シーズン当初はSSジョーダン・リチャーズに、パスカバーをメインとしたLBに仕立てようとして失敗。リチャーズについては後日に。

LBの誤算は、ハイタワーのケガというよりも、ロバーツの成長力の無さですかねぇ。チャンスは与えられていると思います。パスカバーの拙さとタックルミスの多さという、LBとしてはどうなの、というパフォーマンスですかね。なにより、シーズン最終盤に加入したハリソンにスナップ数で負けてはいけないでしょうよ。

ロバーツは2016年ドラフト6巡。活躍するかしないかにドラフト順位は関係がないというのは、QBブレイディ、WRエデルマンその他が示してきたこと。単に個人の力不足でしょうか。

モックドラフトではDTやCBの予想が多いようですが、いやいやどう考えてもLBでしょう。誰が良い、というのはわかりませんが。

2018シーズンにロスター下にあるLBは、ハイタワー、ヴァン・ノイ、ロバーツ、ハリス、ニコラス・グリズビー、ハーヴェイ・ランギー、シー・マクレリン、トレバー・レイリー。

ハリソンとフラワーズは戻ってこないと予想します。Patsが積極的に引き留めない、という意味で。

グリズビーはSTでの活躍に期待するとして、ハリスはリリースでしょうか。マクレリンはどうでしょうね。ハリスと合せてもデッド・キャップは1.5M程度ですからね。リリースされてもおかしくないでしょうか。IR明けのランギーと、どうやら契約したらしいレイリーには、STを含めてがんばってもらいたいところです。

けっきょく、現状では、ケガがちのハイタワーとヴァン・ノイ、イマイチ成長が見込めないロバーツという布陣ですから、本当に薄いですね。これでよくSBに出られたな、というのが正直なところ。

ドラフト1巡、またはトレードダウンして2巡最初のピックがLBというのは大いにあると思います。


シーズン後半のスケジュール

Patsは前半戦が終わり、今週はバイ・ウィークでゲームは無し。

ここで、来週からのスケジュールを見ていきます。

Week10 @DEN(3-4) 日本時間11/13 10:30~
Week11 @OAK(3-5) 日本時間11/20 6:25~
Week12 vsMIA(4-3) 日本時間11/27 3:00~
Week13 @BUF(5-3) 日本時間12/4 3:00~
Week14 @MIA(4-3) 日本時間12/12 10:30~
Week15 @PIT(6-2) 日本時間12/18 6:25~
Week16 vsBUF(5-3) 日本時間12/25 3:00~
Week17 vsNYJ(4-5) 日本時間1/1 3:00~

アウェイが5ゲームに、ホームが3ゲームです。厳しいスケジュールですね。

しかも、アウェイは、2連戦、3連戦となっています。そして、全てAFCのチーム。

さらに3連戦の最後を飾るのは強敵PIT。シード順位争いでも重要な1戦になると思います。負けられません。

ここ数年の傾向からいえば、PO進出の安全圏は11勝。

まずは、DEN、OAK、MIAに勝利して9勝2敗にした後、BUFとPITに勝って11勝とすれば、第2シード以上が見えてきます。

ただ、目下のライバルであるPITは、この後のスケジュールがQBが交代又はケガしているチームばかりなので、比較的楽ですかね。

KCはPats以外のAFC東の3チームとの対戦が残っています。なんとか、この3チームにはがんばってもらいたいですね。ワイルドカードはAFC東の残りの2チームでとっていただきたいと思います。

後半戦になって、ここからはPO進出に向けた生き残り合戦になってきます。

全勝とはいかなくとも、12勝はして欲しいです。ただ、PITに勝利はマストで。なんにしても楽しみです。

Week6のその他のゲーム&観戦のお誘い

Week6はいろんな意味で大荒れでしたね。

やっぱり一番大きかったのは、GBのQBロジャースのケガでしょうか。GBファンの気落ちは相当なものでしょう。お察しします。

QBブレイディもヒットが多くて左肩をケガしてしまいました。ブレイディ離脱となると、本当にガッカリすることになります。もちろん、QBガロポロが悪いというのではなく、純粋にブレイディのプレーが観たいということです。

ゲーム結果のトピックスを挙げれば、KCの連勝がストップ、MIAがATLに勝利、AFCの有力どころであるOAK、DENがともに敗退、といったところでしょうか。

KCが負けた相手はPIT。PITはここにきて、攻守ともに噛み合ってきた感じですね。WRブラウンがスゴすぎます。PatsはWeek15でアウェイ3連戦の最後にPITとあたります。PO進出、シード順位をかけたアツイ戦いになるのでしょう。

MIAはQBタネヒルをケガで欠いてどうかなぁと思っていたのですが、勝ち星先行で調子がいいですね。というか、ATLは攻守ともにNFL上位のスタッツなのに、なかなか勝ち星が拾えないようです。しかも、後半にスコアを伸ばせず、逆転を許して敗退、というのが続いているようです。SBと同じような展開ですね。この2ゲームは守備の良いBUF、MIA相手だったからかもしれませんが、Pats相手にはどうでしょうか。

OAKはQBカーのケガに苦しみ、DENはQBシーミアンに調子の波がみられますね。どちらもQBが復調すれば、戦力が整っているので、引き続き要注意です。

INDはTENに敗退。QBブリセットはもう少しパスの成功率を上げたいところですね。TEドイルのファンブルなど、不運なところはありましたが。戦力といえるようになるまでには、もう少し時間がかかるようです。

あとは先の記事にも書きましたが、各チームのRBがいいなぁ、と。ARIのA.ピーターソンはいきなり活躍しましたね。穴を見つけて一気に駆け抜けていくところは全盛期と遜色なかったのではないでしょうか。JAXの新人RBのフォーネットやTENの2枚看板のRBヘンリーとマレーもいいのですが、PITのRBベルはKC戦で32回179ydsですか。いやはや。

ちなみに、RBのラッシングヤード上位20名のうち、20yds以上のランを記録していないのは9位のラマ-・ミラー(HOU)と19位のギリスリーのみ。なお、キャリー回数でいえば、ギリスリーは16位。決して、機会が少ないわけではありません。ギリスリーはコンスタントにゲインをするのですが、それはラインのおかげともいえます。後は、自力でゲインを稼いで欲しいと思います。

■ ■ ■

Week7のATL戦は、日本時間の23日(月)の9:30から。私と同じく、仕事のある人はライブ観戦できないと思います。

そこで、仕事終わりに、いっしょに観戦しませんか? GamePassのフルモードで観戦します。

場所は、東京都港区赤坂です。

日時は23日(月)19:30頃を予定しています。

参加費はなく、各自で自分の食べ物やお酒などを買ってきていただければと思います。

会議室のTVで観戦ということで、喫煙不可。人数は4名が限界です。

興味のある方は、ブログ横のメッセージからお願いします。

参加条件はありませんが、気持ちよく観たいので、アンチPatsはお断りですかね。アンチATLであればOKですが。あと、このときまで、ゲーム結果をみないようにお願いします。真っ白なままで一喜一憂しましょう。

なお、観戦の模様を写真にとったり、ブログにあげたりすることはありません。単純に、私がそのときに観るので、なんならいっしょに観ませんか、というものです。ご興味のある方は、ぜひ。

Week5を終えてAFC東の状況

現在のAFC東のStandingは、

Bills 3-2
JETS 3-2
Pats 3-2
MIA 2-2

という状況です。混戦ですね。

BillsとMIAはランD#が良く、そして失点数が少ないというのが特徴でしょうか。

JETSは、パスD#が良く、こちらも失点数は少ないですね。

失点数が少ないということは、O#が多少停滞しても、D#が踏ん張ってゲームを壊さず、最終的に勝ち星を拾うということが可能になります。

一方、パスO#は、3チームともにリーグ下位(JETS25位、BUF29位、MIA32位)ですね。

ということで、3チームを無理矢理に共通化するとすれば、パスO#に問題がありながらも、失点数を少なくして勝利に結びつけるチーム、といえるでしょうか。

その中で、PatsはパスO#1位、失点数30位ですから、これらの3チームと真逆になります。面白いものですね。

Patsがこれらのチームと対峙するには、パスを今までどおりに通し、失点数を極力抑えることが肝要になります。そして、ペナルティーを減らすこと。D#セカンダリーとOLのホールディング、パスラッシュ陣のイリーガル・ユース・オブ・ハンズやレイトヒットを減らしたいところです。

来週は、3連勝と勢いにのるJETS戦。新人Sコンビが徹底してTEグロンクをマークするでしょうから、それを突き崩せるかどうかですね。
Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ