Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

プレビュー

Week 4 vs MIA - Injury Report -

現地木曜日のレポートですが、

DNPはCBロウ(Groin)。

LPは、RTキャノン(Calf)、SSチャン(Concussion)、CBクロッセン(Hamstring)、Sエブナー(Hip)、DEフラワーズ(Concussion)、WRゴードン(Hamstring)、DEグリッソム(Ankle)、TEグロンク(Ankle)、TEホリスター(Chest)、STキング(Foot)、DTシェルトン(Elbow)。

FPは無し。

ロウは水曜日の練習には出ていましたが、悪化したのでしょうか。今週のゲームには出ないかもしれませんね。

フラワーズとチャンは復帰するでしょうか。そうなると良いですね。

何気に注目しているのはホリスターの状況。彼が戻ってくれないと、5Yd付近のパスがとおらなくなるので、なんとか戻って欲しいですね。

そして、ゴードン。いよいよ今週デビューでしょうか。

ただ、ゴードンが出場できたからといって、劇的にパスO#が改善するかといえば、少し疑問。プレーコール次第でしょう。

ゴードンがワイドアウトのルートを走って、ドーセットがインサイドに走り込めるようになれば、5Yd付近のパスがとおるようになります。

グロンクとゴードンを同じサイドで縦にセットするのもいいですね。D#は混乱するでしょう。

今シーズン、30Ydを超えるようなパスはまだ決まっていません。20Ydを超えるパスも1本のみ。

ゴードンに20~30Ydのパスが1本でも決まれば、相手にとっては十分に脅威になるはず。

そうなれば、ランも決まりやすくなるかもしれません。MIA戦はパスから入って欲しいですね。

LBベントリー、RBバークヘッドがIRへ。

代わりに、DEジョン・シモン、RBケニヨン・バーナーとサイン。

ベントリー、バークヘッドがゲームに出られないのは痛手でしょうが、正直、D#もランO#も最悪の状況なので、本当の痛手かどうかはまだわかりません。


Week 3 @ DET - Preview -

■ケガ人

前回のNon-activeはWRコールマン(リリース)CBジャクソン、CBクロッセン、RBバーナー(リリース)、RTキャノン、OLシュウェンケ、DEリバース。

これまでにOUTが決定しているのはTEホリスター。

SSチャンとDEフラワーズはDoubtfulですが、おそらくゲームには出ないでしょう。

代わりに出るのがCyジョーンズ、リバースということになるでしょうか。キャノンは出場するような気がします。WRゴードンも。

ということで、Non-active予想は、ホリスター、チャン、フラワーズ、ジャクソン、クロッセン、シュウェンケ、クロストンです。

■Pats O#

OLがランブロ、パスプロともにできるか。その一点です。キャノンを温存というわけにもいかないでしょう。

ディレー気味に入ってくるブリッツやクロスして入ってくるパスラッシュに対応ができていないのも気になります。

特に、LBの処理に手こずっているようです。チューニー、アンドリュース、メイソンはしっかりとコミュニケーションをとって欲しいですね。

パスプロはRTが穴。ウェドルがスピードについていけなかったり、力で押されたりしています。キャノンが出場するしないにかかわらず、RTがしっかりすれば、OL全体がしっかりするような気がします。

あと、RBのパスプロも重要。バークヘッドのパスプロはイマイチですからね。パスシチュエーションではTEアレンがRBの位置につくかもしれません。TEグロンクをつけて、パスプロ後にダウンフィールドに出るというのも面白いですね。

ランはソニー・ミシェルに期待。というか、このゲームでもミシェルがイマイチだと、来週早々にRBをFAで獲得するでしょう。ヒルの離脱が本当にイタイ。ミシェルにはパスコースのことよりも、ランに専念してあげたいですね。

そして、WRゴードン。Non-activeという肩すかしもあるかもしれませんが、5巡と交換で獲得したぐらいなので、ケガの状況がひどくなければ、ゲームになるでしょう。そして、ゲームに出れば、かなりのスナップに参加すると思われます。

スピードとレシービングに衰えはないか。そこに注目しましょう。

何より、ホリスターのOUTはイタイです。前回は3/3、35Yds。このゲームではさらなる飛躍を期待していたのですが。

WRドーセットは普通に戦力。前回は5/7、44Yds。

あとはWRパターソンですね。クロスルートのパスを通して欲しい。RBのような器用さを彼に求めるのは酷だと思いますが、このままいくと、GBのモンゴメリーのように、RBへの転向もあるかもしれません。

DETのD#は、パスが4位、ランが32位。

ランに不安を抱えるPatsのO#としては分が悪い相手となります。

あと、DETのD#は、立ち上がりはそれほど悪くはないのですが、3Qに大量に点数をとられて終わるというパターンをここまで見せています。さすがに、このゲームでは、ハーフタイムの過ごし方を変えてくるでしょう。

前半にミシェルが走りまくって勝つ、というのが理想のパターンですね。あるいは、前半は敢えてパス主体で攻めて、後半にランをとっておく、というのも手かもしれません。

OCマクダニエルズはどういうプレーをコールするでしょうか。楽しみです。

■Pats D#

先週のJAXのD#との違いは、JAXはマイルズ・ジャックとテルビン・スミスのLB陣が目立っていたのに、PatsのD#はハイタワー、ヴァン・ノイ、ベントリー、ロバーツのLB陣が目立っていなかった、というのがあると思います。

特にパスカバーやQBボートルズのスクランブルに全くといっていいほど対応できていませんでした。

現地ではハイタワーを疑問視する声が高まっています。確かに、ハイタワーにはタックルマシーンになって欲しいのですが、そういう具合にはなっていません。メイヨーの後継としては、物足りないですね。ここまでのところは、サラリーに見合っていないといわざるをえません。

ベントリーもまだまだ成長中で、彼にブリッツさせるというのは荷が重いですね。

ローテーションはいいのですが、役割分担ができていないというか、共通のプレーをさせるのは難しいような気がします。

ベントリーにはランの対応とQBのスパイをやらせ、ヴァン・ノイにはパスカバーをしっかりとさせ、ハイタワーにはQBへのプレッシャーとラン対応を任せる、というのでいいのではないか、と。

パスカバーに長けたLBがいないというのは、Pats D#の穴かもしれません。

今週デビューするであろうDEリバースには期待。フラワーズ不在の穴を埋めて欲しいですね。

Patsの場合、劇的に改善しているか、全く改善していないかのどちらかだと思います。

今週に限ったことではないですが、3rdダウンを止められるかがポイントになります。

JAX戦は、ブリッツが不発だったり、ボートルズに走られたり、クロスルートを多用されたり、ゾーンの切れ目を狙われたりと散々でしたが、これらには修正してくるでしょう、さすがに。

まずはランを止めて、3rdダウンロングの場面をつくって、ハイタワーに突っ込ませる。こういったプレーが見たいです。

■スコア予想

Pats 27 - 24 DET

今のPatsにアウェーで30点以上とるO#力があるかといわれれば、疑問。

今のPatsに相手を20点未満に抑えられるD#力があるかといわれれ、疑問。

では勝てないかといえば、そうではない。

ということで、上記のようはスコア予想です。


Week 2 @ JAX - Preview -

昨シーズンのAFCチャンピオンシップの再戦。

そのときのレビューはこちら

一言でいえば、危うい勝利でした。

■ケガ人

RBバークヘッドがゲームに出られるかどうか。

RBヒルもIR行きになったので、RBミシェルはアクティブになるでしょう。

■Pats O#

前回の対戦ではTEグロンクが抑えられました。今回もその作戦でくるのでしょう。

WRドーセットの活躍に期待がかかりますが、どうでしょうか。CBボイエかCBラムジーがマッチアップしてくると思うので、これらの選手に勝てれば本物ですね。

期待がかかるのが、サイズ差を利用しての攻撃。

WRパターソンのスラントやアクロスルートが決まればいうこと無しです。新加入のWRコールマンはどうなんでしょう。練習ではキビキビとした動きを見せていましたが。

あと、TEホリスターがアクティブになれるかどうか。アクティブになれるとしたら、強いインパクトを見せてくれるのではないかと期待します。

当然、RBホワイトをはじめとするRB陣へのパスもキーになります。ミシェルがランにパスにと活躍できるか。ルイス、ヒルの穴を埋めなければならないので、ドラ1巡の責任は重大です。

シーズン序盤とあってか、JAXのD#は圧倒的というほどではないのですが、それでもHOUのD#と比べると、セカンダリーのグレードは上がると思います。

■Pats D#

昨シーズンは開幕時からDLに不安を抱えていました。

DTブランチの不振、DE陣の引退・FA流出、代わりの選手がルーキーやPats1年目ばかり。

今シーズンは、ワイズ、バトラー、デービス、リバースが順調に成長し、ガイも2年目。

さらに、シェルトンにクレイボーンの加入と、DLが見事に復活しました。

HOU戦を見返しても、DTについてはガイがよくがんばっており、ブラウンとバトラーもなかなか。シェルトンのスナップ数はDTの中では1番で、シェルトンがいたからこそ、他の選手が活躍できたのかもしれません。

DEは奇跡的にみんないいです。フラワーズ、ワイズ、クレイボーン、デービス。リバースの出番は、当分来ないのかもしれませんね。

LBはハイタワー、ヴァン・ノイ、ベントリー、ロバーツのローテーション。

セカンダリーは、CBにギルモア、ロウ、J.ジョーンズ、SにD.マコウティー、ハーモン、チャン、これにDBとしてJ.マコウティーが控え。

すでに形ができあがっている感があります。

ランD#さえしっかりとしてくれれば、JAXのO#を圧倒できる素地はあるでしょう。

■スコア予想

Pats 34 - 13 JAX

思わぬ点差が開いたのは、JAXのO#が進まず、D#が集中力を切らす、という予想をしたからです。

負けるのは想像できない、というのは言い過ぎでしょうか。


Week 1 vs HOU - Preview -

いよいよ開幕です。

相手は、どちらかというと、得意な相手であるHOUです。

▪️Pats O# vs HOU D#

QBブレイディにいうことは無しでしょう。

TEグロンクも特に問題があるとも思えない。

ということで、この2人が健在というところが、何よりものPats O#の強みです。

もちろん、昨シーズンはWRクックス、WRアメンドーラ、RBルイスがいましたが、今年はPatsで2年目になるWRドーセット、TEホリスター、RBバークヘッドがいます。WRパターソン、RBヒルという新加入の選手もいますしね。

贅沢をいえば、あと1人、計算ができるWRがいればいいのですが、WRエデルマンが復帰するまでガマンということになるでしょうか。

OCマクダニエルズがコールを出すわけですし、TDが全然取れない、なんてことはないと思います。

◾️ Pats D# vs HOU O#

DCマット・パトリシアに代わって、ブライアン・フローレスがコールを出す。ここが最大の焦点だと思います。

フローレスは比較的アグレッシブなコールを出すので、これが功を奏すればパスD#のスタッツは昨シーズンより改善するはずです。パトリシアはコンサバなコールが多かったですからね。

ランを止める、進められてもゴールラインを堅守してTDを許さない。

そういうD#ができれば、少なくとも失点は抑えられます。

昨シーズンの開幕時は、DEの大量離脱、DTブランチの不振にDTヴァレンタインのIR行き、代わりの選手がルーキー又は開幕直前に加入と、DLがボロボロでした。

今シーズンは、DTダニー・シェルトン、DEエイドリアン・クレイボーンの加入に、2年目DLの成長は期待できます。

少なくともDLは前進しており、LBもハイタワーの復帰、ベントリーの加入があって、プラス要素の方が大きいです。

問題はセカンダリーですね。CBギルモア、CBロウ、CBジョナサン・ジョーンズのユニットがうまくいくか。そこにかかっています。

それでも昨シーズンよりはマシだと思うのですが、楽観的でしょうか。

◾️スコア予想

サクッと、

Pats 30 - 24 HOU

接戦にはなると思います。
 
 

プレWeek 1 vs WAS戦 -Preview-

いよいよプレシーズンゲームですね。

第1戦は、おそらく1stメンバーのほとんどが出てこないと思います。

ただ、今年はジョイント・プラクティスが組まれておらず、スロースタートであることはHCベリチックの認めるところですので、1シリーズぐらいはO#・D#ともに1stチームが出てくる可能性はあります。

1stチームの出場可能性はともかく、気になるのはD#ですね。

競争が激しいとされているCB陣の実力はどうなのか、LBの若手の台頭はあるのか、DE陣のパスラッシュは期待できるのか、などが見所となるでしょう。

O#については、RBとWRの誰が出て、誰が出ないのかが注目です。ゲームに出るということは、ロスターの当落線上にある、というわけですからね。

できれば、ルーキー(ルーキーFAを含む)たちの活躍がみたいものです。


Pats/NFL本






スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
10 WR Josh Gordon
11 WR Julian Edelman
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 DB Duron Harmon
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
26 RB Sony Michel
27 DB J.C. Jackson
28 RB James White
30 CB Jason McCourty
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
34 RB Rex Burkhead
35 DB Keion Crossen
36 LB Brandon King
41 CB Cyrus Jones
43 DB Nate Ebner
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
51 LB Ja'Whaun Bentley
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
54 LB Dont'a Hightower
58 DL Keionta Davis
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 OL Joe Thuney
63 OL Brian Schwenke
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 DL Danny Shelton
74 OT Cole Croston
75 OL Ted Karras
77 OL Trent Brown
83 TE Dwayne Allen
84 WR Cordarrelle Patterson
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise Jr.
93 DL Lawrence Guy
94 DE Adrian Clayborn
95 DE Derek Rivers
96 DL Geneo Grissom
98 DL Trey Flowers

(2018/09/20現在)