Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

プレビュー

SB LII vs PHI - Preview -

■ ケガ人 

無事にTEグロンクもプロトコールをクリアになって、Pats、PHIともに、OUTもQUESTIONABLEもいなくなりました。両チームとも、万全の体勢で臨めるのは喜ばしい限りですね。

インアクティブは、Championshipと同様でしょうが、RBギリズリー、DTブランチ、RTクロストン、WRリーディー、LBハリス、WRブリット、DEグリッソムあたりでしょうか。

Championshipではグロンクが欠場してからは、TEがアレン一人になったので、TEホリスターはアクティブロスターに入ると予想します。

■Pats D# vs PHI O# 

POに入ってからも、ATL、MINに勝っているのですから、QBフォールズを侮ることはできません。

しかし、安定したパフォーマンスを見せるのであれば、すでにどこかのチームで先発を張っていたと思われます。付け入る隙は十分にあるということです。

要は、不安定なパフォーマンスのフォールズを出せばいい、ということになります。

DivisionalのATL戦をみる限りでは、WRにバシバシと決めるというよりも、RB、TE、スロットに短いパスを決めてリズムにのったところで、ロングやミドルレンジに投げる、というように見受けられます。ただ、ロングやミドルの精度はあまり良くない印象ですね。

そうであれば、スクリメージライン付近のスクリーンパスや10Yds内のパスを徹底的にケアして、はじめから長めのパスを投げさせるという戦術でいいのではないでしょうか。

注目するのは、DEトレ・フラワーズ。RS中はケガにより欠場することもありましたが、POに入ってから調子が良く、QBへのサック、ヒット、ハリーの総数は12、ランストップは6です。PHIのOLは強力ですが、LTのベイタイはそれほど良いとは思わないので、フラワーズには果敢にラッシュをかけて欲しいですね。彼がサックしたり、ファンブルフォースをすれば、流れが一気にくると思います。

LBジェームズ・ハリソンには自由に動いて欲しいですね。インサイドから、アウトサイドからと、手を替え品を替え、ベテランの嗅覚で動き回って欲しい。フラワーズとハリソンでフォールズにしっかりとプレッシャーをかけてくれることを期待します。

POに入って、PatsはTEN、JAXと戦ってきたわけですが、両チームともにWRは比較的手薄だったと思います。一方で、PHIのWRは、ジェフェリー、スミス、アゴラーと粒揃いの印象を受けます。また、TEにはザック・アーツがいます。

ジェフェリーとスミスにはCBギルモアとCBマルコム・バトラーがつくことになるのでしょう。スミスはそれほど長身(6-0)ではありませんが、それでもバトラー(5-11)よりも高い。ジェフェリーは6-3で、かなりの長身です。この2人を、ギルモアとバトラーが抑えられるか。さらに、アーツにSSチャンがカバーするとなれば、やはり身長差が生まれます。

バトラーはアクロスパターンに弱く、チャンもTEのアウトサイドへのカールパターンに弱いという欠点があります。この2人のカバーに注目ですね。

そして、アゴラーをどのように抑えるか。CBロウが対応すると思われますが、ロウはスロットのカバーが得意というわけではありません。ここにきて、CBジョナサン・ジョーンズの離脱がイタイですね。

あとは、RBクレメントに対するパスカバーですね。チャンがつくのか、LBがつくのかはわかりませんが、スピードで抜かれないようにして欲しいところです。

PHIの場合、OLは比較的若く、SBのような大舞台での経験も少ないので、そこを突くことができるかが、ポイントになりそうです。プレッシャーをかけまくっていれば瓦解する可能性もあります。その重要な役目を担うのがDTブラウンとDTガイの2人だと思います。

ブラウンもまた、RSではケガがちでしたけれども、POに入って本領発揮。DEワイズやDTアダム・バトラーが目立つのもブラウンのおかげだと思っています。ブラウンには、プレッシャーをかけつつ、ランストップに貢献して欲しいところ。

PHIのランについては、実はそれほど脅威だとは思っていません。OLやコーチが違うとはいえ、MIA時代にRBアジャイーに走られたという記憶はなく、RBブロントに至ってはPatsの主力でしたからね。ウィーク・ポイントもわかっていると思います。

この2人はスピードにのると厄介なので、スクリメージラインを過ぎる前にタックルできるか、ということがポイントになります。DLもさることながら、LB、特にヴァン・ノイ、マーキス・フラワーズ、そしてロバーツが鍵を握るでしょう。特にロバーツですね。今のところ、QBやRBをスパイするのはマーキス・フラワーズの役目ですが、ロバーツにも成長の一端を見せて欲しいところ。一皮剝けるでしょうか。

■Pats O# vs PHI D# 

O#については、やはりPHIの強力DLをPatsのOLが勝つことができるか、にかかっているでしょう。

特に、DTコックスをLGチューニーがしっかりと抑えられるかどうか。コックスをチューニーが処理できれば、かなり楽になります。チューニー、Cアンドリュース、RGメイソンのインサイドの3人がPHIのDT陣をコントロールするところが見たいですね。

当日のRTにも注目。調子が戻っているのであればウェドルでしょうが、状態次第ではフレミングということになります。流動的ですね。フレミングはTEN戦ではほぼ完璧でしたが、JAX戦ではサックやハリーを許しています。ここも注目ですね。

OLがPHIのDLを上手く処理できれば、あとはWRクックス、TEグロンク、WRアメンドーラ、RBルイス、RBホワイトに投げ分けるということになります。的を絞らせないことですね。特に言うことは無し。

一方で、QBブレイディはPOに入って40Yds以上のパスを1度も成功していません。ロングの脅威を感じさせるためにも、3rdロングの場面があれば思いきって投げて決めて欲しいですね。

レシーバー陣でいえば、WRホーガンはやはり調子がイマイチでしょうか。代わりに、ドーセットが練習でアピールしているようです。積極的に使って欲しいですね。JAX戦で見せたようなアクロスパターンがいいのではないか。

ランは進めばいいな、というのが正直なところでしょうか。JAX戦でもあまり出ませんでしたし。

ATL戦では、RBフリーマンのランを10回7Ydsに抑えています。PHIのランD#は驚異的ですね。それでも中央のランを果敢に攻めて欲しい。ロングゲインを出すことができれば、流れがPatsに来ます。

そして、ハリーアップO#をどのタイミングで発動するか。苦し紛れではなく、4Qまで残して、一気に仕留めるという風に使えたらいいですね。

■ST

Kゴスコウスキー、Pアレンの出番は少なくないと思うので、各自しっかりと蹴り込んで欲しいですね。

そして、KRルイス、PRアメンドーラ。Patsの強みでもあるSTで、少しでもO#が優位に立てるようにリターンして欲しいです。

■スコア予想

展開は、前半はPats 13 - 21 PHIぐらいで折返し、後半に入って一気に攻め立てるというパターンでよろしいかと。

最終的に、

Pats 30 - 27 PHI

で勝てればいいですね。

PHIのO#は強力なので、やはり30点は取らないと勝てないように思います。

いずれにしても、一方的な展開にはならず、接戦になって、面白いゲームが見られるのではないかと。

三連覇するためには、ここで負けてはいられません。

まずはしっかりと二連覇を決めて欲しいものです。


AFC Championship vs JAX - Preview (2) -

■Pats D# vs JAX O#

偏に、RBフォーネットを止められるか。QBボートルズのスクランブルを阻止できるか。これにかかっています。

正直、D#の豪華さに比べたら、O#は見劣りするように思います。

WRはマーキス・リーとキーラン・コール。ともに獲得Ydsは700台。

そして、弱みはTEにあるのでしょう。先発のルイスが不調らしく、最近のゲームではex-Patsのオショネッシーが活躍しています。

気をつけるべきは、コールへのロングパスと、RBへのショートパスですかね。Patsのセカンダリー陣で、なんとかなりそうです。

JAXのOLは被サックの数が少ないですね。リーグ3位。PatsのDL陣がしっかりと押し込めるかがポイントになりそうです。

TEN戦では、RBヘンリーのランやQBマリオタのスクランブルを防いでいました。これが再現できれば、JAXのO#を無力化できそうです。

■ST

QBブレイディの調子が悪いとなれば、Kゴスコウスキーの出番。

長短関係なく、そのときがくれば、しっかりと決めて欲しいですね。

■スコア予想

Pats 24 - 13 JAX

展開としては、前半は3-10に抑え込まれて、後半はじめにTDを連取して、相手のO#を抑え込む。

そして、4Q早々に勝負をつけるTDをとって、後はJAXにとっていつもと違う展開に持ち込む。

という妄想をしてみます。


AFC Championship vs JAX - Injury Report -

現地水曜日の練習から、練習不参加(DNP)は、無し。

限定練習(LP)は、RBギリスリー(Knee)、DTブランチ(Knee)、RBバークヘッド(Knee)、RTウェドル(Knee)、そしてQBブレイディ(Right Hand)となっています。

なんといっても、ブレイディのケガが心配ですね。

現地水曜日の練習中におったケガらしく、X線では異常は無いようです。

ゲームに出られるとしても、今週の練習には出られないかもしれないので、そうなるとスペシャルプレーをはじめとした調整が心配です。うーん。

また、TEN戦でケガを負ったCBジョナサン・ジョーンズはIR行きへ。代わりに、WRバーナード・リーディと再契約しました。

ジョーンズはシーズン終盤になってCBロウと入れ替えられていますが、スロットレシーバーを抑えるのには長けています。ケガがちなロウに何かがあればピンチになります。そして、何より、STでの活躍が素晴らしい。ジョーンズのケガは、文字どおりに痛いですね。

このタイミングでWRミッチェルをアクティブ・ロスター入りさせなかったということで、ミッチェルのシーズン・アウトが確定。こちらも残念です。

一方で、ウェドルが限定練習ながら練習に参加できたのは吉報ですね。こちらは大事に至らなかったようです。

Patsの最大の敵はケガですね。


AFC Championship vs JAX - Preview (1) -

今週のゲームはJAX戦。勝った方がSuper Bowl(SB)へ進みます。

今シーズンもあと2ゲームということで、ここからはダラダラとゲーム展望を書いていきたいと思います。

■ Pats O# vs JAX D#

JAXというと、やっぱりD#が強いというイメージ。ただ、完全無欠というわけではないと思います。

CB、DLはさすが一線級ですが、LBとSはそれなりに良い、という評価ではないでしょうか。

先週のPIT戦では、PITのTEマクドナルドが10/16、112Yds。レシーブ数はトップの数字です。

こうなると、期待がかかるのは、TEグロンク。そして、グロンクをカバーするのは誰になるのか、というのが肝になるでしょう。

最も良い選手となればCBラムジーということになるのでしょうが、おそらく彼はWRクックスをカバーするのでしょう。TEをカバーできるのかもわからないですしね。仮にグロンクをカバーできないのだとすれば、D#全体が瓦解しかねません。

そうなると、CBボイエか、LBやS、またはLBとSのダブルカバーということになるのでしょう。

LBのうち、マイルズ・ジャックは対パサーレイティングが115.3だそうです。また、TEをカバーしたときは138.9。アスリートなんでしょうけれど、パスカバーはイマイチなようです。

グロンクを止める答えを出したのは、Week17のNYJ。こちらでも書いたとおり、NYJのLBとSの連携で完全に封じ込められました。JAXは同じことができるか。これがポイントになりそうです。

グロンクがカバーされ、ラムジーとボイエにWRクックスとWRホーガンがカバーされると、WRアメンドーラ、RB陣の出番ということになります。このゲームでも、アメンドーラ、ルイス、ホワイト、復帰するようであればバークヘッドの活躍が期待されます。

■ ■ ■

Divisional Rd勝利後のロッカールームの様子。


勝利に沸く姿は、いつ見てもいいものですね。


Divisional Rd vs TEN - Preview -

■ ケガ人 

OUTはなし。QUESTIONABLEはRBギリズリー、DTブランチ、RBバークヘッド、DEリー、LBマーキス・フラワーズ、RBホワイトですね。 ギリズリーは練習に復帰したようです。

インアクティブは、RBギリズリー、OLクロストン、LBハリス、WRブリット、DEリー、DEグリッソム、DTフランソワあたりでしょうか。予想が難しいです。 

Week17ではインアクティブだったWRホーガン、RBホワイト、RBバークヘッド、DTブランチは出場するのではないかと。

■Pats D# vs TEN O# 

正直、TENがPatsに勝利するためには、一方的な展開が必要だと思います。

ガンガンくるしかない、と。

ランでじっくりと攻める、なんてやり方をしていたら、Pats D#の思う壺ですね。

意表を突いて、QBマリオタがアップテンポなパスO#を展開するのではないか、と予想します。

そこで気をつけたいのが、RBヘンリーへのスクリーンパスやショートパス。

TEウォーカーへのカバーはSSチャンがするとして、RBに誰がつくか、コミュニケーションをしっかりとして欲しいですね。

マリオタは、ロングの脅威がなく、サイドライン際のパスも少ないという印象。フィールド中央にパスが集中しているような気がします。

LBが安定しなく、パスカバーに長けたLBがいないPatsのD#としては、このエリアのパスカバーを苦手としています。ここを攻められると辛いですね。

たとえば、フィールド中央にするっと上がったヘンリーへのパス。KC戦でロングゲインをとったプレーです。これを止められるか。

敗戦を喫したMIA戦でも、フィールド中央でのRBドレイクへのパスを決められていましたからね。PatsのLB陣はパスカバーになると極端に下がる傾向にあります。

そして、マリオタのラン。特に、3rdダウンからスクランブルで走ってくるマリオタのランは止めたいところです。

ランに目を向ければ、ヘンリーは昨シーズンまでPatsにいたRBルギャレット・ブロントに似たタイプで、サイズがあって、狭い穴をこじ開けるタイプ。早めにタックルすればそれほどの脅威はありませんが、スピードにのると厄介です。タックルミスがあるにせよ、ファーストタックルは必ずスクリメージライン間際でしておきたいですね。

DT陣、特にブラウンとガイに期待。そして、復帰するであろうブランチ。この3人が抑え込まれると、ズルズルになります。

一方で、PatsのD#は、ここ2ゲームでTDを許していません。これを維持できるかどうかがポイント。とにかく前進されても、FGを決められても、TDを許さないことが重要ですね。

■Pats O# vs TEN D# 

POの一発勝負ですから、戦略が何よりも重要になります。大事なのはゲームが始まっての2シリーズ目のO#。

1シリーズ目からTDをとれたらいいのですが、これは難しいでしょう。1シリーズ目にD#をみて、うまくアジャストして、2シリーズ目にTDを奪えるか。これがキーになりそうです。

やはり頼るのはQBブレイディのパス。RBルイスのランに繋げるためにも、パスでしっかりと1stダウンを更新したいところです。そうなると、ショートヤードのパスが決められるか、ですね。

TEグロンクにはマークがキツイだろうし、WRクックスやホーガンにショートヤードを求めるのは酷。WRアメンドーラに加えて、復帰するようであればホワイトに期待したいですね。

前半は接戦にもちこんで、3Qで相手の心を折る、といういつもの勝ちパターンができるか、ですね。3Qの最初のシリーズのO#が重要になります。時間を使ってTDにもっていくことができれば、相手を焦らして、4Qを楽な展開にできますからね。

総じて、RSのような戦いぶりができるか、ということですね。

TENのラン守備は比較的良いので、このゲームではパスで主導権を握って、効果的にランを出す、という攻め方が良いのでしょうか。

特に、TENは、先週のKC戦ではTEケルシーにいいようにやられていました。次はオールプロのグロンク(ボーナスゲット、おめでとう)が相手ですから、当然これを修正してくると思うので、そうなるとTEアレンやTEホリスターがパスターゲットになる回数が増えるかもしれません。NYJ戦ではうまくいかなかったので、Patsも修正してくるでしょう。どちらの修正が勝るか、ですね。見所です。

■ST 

POではターンオーバーは厳禁。リターンではファンブルをしないように、ボールセキュリティーをしっかりとして欲しいですね。

そして、相手のパントリターンをしっかりと止めること。

RSでは安定していたSTですから、それほど心配はしていません。

■スコア予想 

スコア予想は、 

Pats 34 - 9 TEN 

TENファンには申し訳ないですが、ここは圧勝を期待します。

なんせ、SB二連覇がかかっていますから。

失うものは何も無い精神でくるであろうTENに対して、遅くとも3Qまでにガツンと一発を食らわせられるかどうかですね。

次のチャンピオンシップのためにも、O#・D#ともに、相手を圧倒する展開を期待します。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ