Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

レビュー

AFC Championship vs JAX - Review -

AFC頂上決戦の結果は、

Pats 24 - 20 JAX

勝てて良かったな、というゲームでした。

■ インアクティブ&ケガ人 

RBギリズリー、TEホリスター、DTブランチ、RTウェドル、WRリーディー、LBハリス、WRブリットがインアクティブでした。

先週のゲームから、RBバークヘッド、CBバーデモシ、OLクロストンがアクティブになりました。

ゲーム中にTEグロンク、RBバークヘッドがケガ。ともに脳震盪だと思われます。容態が気になるところです。SBまで2週間ありますから、なんとか回復して欲しいところですね。
 
■Pats O# vs JAX D#

QBブレイディは、26/38(68.4%)、290Yds、2TD、0INT、RT108.4。

JAXのD#は、グロンク対策、RBへのショートパス対策が万全で、Divisioanlのフィルムを穴が開くまで観たんだろうな、と思わせられました。

RBのルイスとホワイトのレシーブは、合せて10/13。この2人にはほとんどパスが決まるものの、獲得ヤードは合せて54Yds。レシーブした途端にタックルされてゲインができませんでした。

グロンクについては、1Qはターゲット回数がゼロ。2Qに入ってグロンクを使うようになりましたが、側頭部にタックルを受けて、そのまま退場。後半も戻ってきませんでした。

その分、WR陣が活躍。クックスとアメンドーラをはじめとして、ドーセットとホーガンもナイスレシーブを決めました。シーズン中にはみられなかったWRクックスをスロットに使うなどして、プレーコールに工夫もありました。

クックスをカバーしていたのは基本的にはCBボイエでしたが、CBラムジーにどうして替えなかったのかな、と思わせるほど、クックスはボイエに勝っていました。

クックスがボイエに勝ち、スロットレシーバーであるアメンドーラを止められなかったところに、勝因があったのかもしれません。

OLはサックを決められる場面があったものの、JAXの強力DLをうまくプロテクションしていたと思います。ゲーム展開もあったのですが、もう少しランを出していければなぁ、という注文はあります。

ただ、やはりJAXのD#は強力でした。2QのTDはペナルティーによるところが大きいので、1Q~3QはJAXのD#に見事に止められました。

特に、前半の3rd・4thコンバージョンは1/6。RZでもTDを奪えませんでしたからね。

そして、4Qですね。ホーム・アドヴァンテージの恩恵もあって、ブレイディが爆発。TDを2つとって逆転して、そのまま逃げ切りました。

やはり、ブレイディのここぞというときの集中力はスゴイですね。相手D#も完全に浮き足立っていました。最後のドライブ、RBルイスが1stダウンを更新したプレーも、JAXのD#はどこか動きがモッサリとしていたように感じました。追いつかれ、逆転された後も諦めないというところが、経験の差でしょうか。

RBルイスのファンブルはいただけませんでしたが、ここでミスを経験したのは、結果としては良かったのかもしれません。

■Pats D# vs JAX O# 

前半はRBグラントをはじめとするRBへのパスに翻弄されました。RS1戦目のKC戦やMIA戦でやられたパターンです。まぁ、そこを攻めるよね、という展開です。

RBフォーネットにはロングゲインを許さなかったものの、力で押し込まれました。これ、どうやって止めればいいのかな、と思ったほどです。

ところが、後半になって、PatsのD#が踏ん張ります。ランもパスも止めて、JAXのO#に思うようなプレーをさせませんでした。

というか、2Q最後のシリーズで、TOがあったのに、プレーをせず。フォーネットのランプレーを出して、3Qの繋ぎにすべきだったのではないかなぁ、と敵ながら思いました。

また、後半に入ると、DLがOLに勝って、QBボートルズにプレッシャーをかけまくります。これはTEN戦と同じ展開。ランを止めて、勢いづいたところに、パスでもプレッシャーをかける、という流れですね。特に、DEトレ・フラワーズが良かったですね。

SSチャンのセイフティーブリッツも、決まりはしなかったものの、プレッシャーを与えることには成功したと思います。

ライン戦で優位に立ち、セカンダリーも踏ん張りました。前半はCBバトラーが決められていたのですが、後半になって持ち直しました。

そして、CBギルモアのパスD#。POに入って調子を上げていたギルモアですが、彼の真骨頂をみました。どうして彼を獲得したのか、というのがわかるプレーでしたね。

後半はディレーオブザゲームをとられたり、フォルススタートをしたりと、JAXのO#も浮き足立っていましたね。勝ちを意識したのでしょうか。

■ST

Kゴスコウスキーが31YdsのFGを成功。距離はともかくとして、成功したのは良かったです。

そして、PRアメンドーラの25Ydsの要所でのリターン。あれも大きかったですね。

■まとめ 

TEN戦のレビューのところでD#はまだまだ安心できないといいましたが、後半はそのD#が踏ん張ってO#につなげました。良い流れでした。進まれるのは仕方がないにせよ、FGに抑えてくれれば、なおいいですけれどね。

RSでPITに勝利し、ここでJAXに勝利。文句無く、PatsはAFC最強でしょう。

次はいよいよSB。苦しい戦いを経験できたのは、SB連覇に向けて良かったのではないでしょうか。

目指すは、NFL最強です。


Divisional Rd vs TEN - Review -

PO第1戦目の結果は、

Pats 35 - 14 TEN

でした。

最後にTDを許したのが余計だっただけで、あとは完勝という内容でした。

■ インアクティブ 

RBギリズリー、OLクロストン、LBハリス、WRブリットまでは予想どおり。

加えて、DTブランチ、RBバークヘッド、CBバーデモシがインアクティブでした。

ブランチとバークヘッドは意外でしたが、特に影響はありませんでしたね。

一方で、ゲーム中にRTウェドルとCBジョナサン・ジョーンズがケガ。これは心配ですね。
 
■Pats O# vs TEN D#

QBブレイディは、35/53(66%)、337Yds、3TD、0INT、RT102.5。

RSは盛大な前振りでPOこそが本番、という内容でした。言うなれば、いつものごく当たり前のブレイディでしたね。

難点を言えば、WRクックスに対して、ロングパスが決まらず、成功率(3/9)も悪かったことですかね。ロングについては、1本は長く、1本は短かったですね。修正して欲しいところです。ただ、クックスに対して短いところを試していったのは良かったです。

ホーガンに対しては、保留。次は活躍して欲しいですね。

一方で、WRアメンドーラはPOになると活躍。彼はここ一番の集中力がいいのでしょうね。TEグロンクも3rdダウンやRZのターゲットとして文句無し。ルイスはとにかくパスキャッチをしてくれます。ただ、この3人で、272Yds、全体の80%。贅沢を言えば、もう少し散らして欲しいところ。

何より、ホワイトを含めてRBへのパスが効果的でした。特に5Yd付近のセイフティーバルブとしてのパスは有効でした。TENのD#はゾーンがメインで、RBをカバーしきれていなかったですね。Previewのところで書いたRBヘンリーへのスクリーンパスやショートパスに要注意というのを、逆にPatsがやって成功した、というところでしょうか。

ノーハドルでのテンポアップ、ダブルリバースのスペシャルプレーなども決まって、TENのD#は完全に混乱していましたね。

ランは27回、101Ydsでしたが、TENにTDを奪われたあたりからパス主導に替えて成功しました。今回あまり出なかったといっても、心配するほどのことではないと思います。

中でも、RBボールデンのランは良かったですね。TDランも含めて力強い。ルイス、ホワイト、バークヘッドにはないランです。ここでも起用されたということは、コーチ陣はWeek17での動きに満足したのでしょう。この先も期待していきたいと思います。ファンブルだけが心配ですけれどね。

QBヒットは4ありましたが、サックはゼロ。OLがブレイディを堅守しました。3QでCBライアンによるCBブリッツを連続する場面がありましたが、これは有効だったと思います。常にしてきても良かったように思いますけれどね。

■Pats D# vs TEN O# 

はじめにTDを奪われたシーン。エンドライン角に決められて、今日のQBマリオタというか、TENのO#のプレーコールはちょっと違う、ヤバイ、と思ったものです。

ただ、その後はこういったプレーはあまり見られませんでした。最後には、やはりサイドライン際でTDパスを決められましたが。

けっきょく、TENのO#は、プレーがオーソドックスで、スペシャルプレーも無し。正直、これでは勝つのは難しいと思います。

POは一発勝負ですから、RSと同じような戦い方をしていては勝てないですよね。

Patsの場合、敢えてRSでは封印していたのではないかとさえ思われる、昨シーズンでは多く見られた、スクリーンパスやセイフティーバルブパス、ノーハドルオフェンスをここで使ってきました。こういった意表を突かないと勝つのは難しいですよね。

バイ・ウィーク効果が出て、D#はフレッシュでした。このゲームより先にはじまったPHIもそうなのですが、バイ・ウィークの効果はライン戦に出ますね。TENのOLは最初は元気でしたが、やがてPatsのDLに圧されることになります。

PatsのD#は、サックが8に、QBヒットが10。スクランブルもさせず、マリオタに仕事をさせませんでした。マリオタの表情を見ると、為す術なし、といった感じでしたね。

パスD#では、DLのプレッシャーもそうですが、CB陣の働きも良かったですね。特にCBギルモアとCBロウは良かったです。ギルモアはカバーするWRがターゲットにされた4回のパスを全て阻止。ロウも、ペナルティーを取られる場面もありましたが、よくカバーしていたと思います。

一方で、CBバトラーはどうですかね。このオフにどこかのチームと大型契約を結びたいのでしょうから、もう少しがんばらないとダメですね。今のままではシャットダウンCBとしての評価は得られないのではないでしょうか。

ヘンリーのランは、12回28Ydsに抑えました。点差を広げることができた結果、ランの回数を減らすことに成功しました。

ただ、3rdダウンD#こそ5/15に抑えましたが、RZは2/2。TDを許さないようにして欲しいですね。

■ST

Kゴスコウスキーが53YdsのFGを失敗。

大勢には影響しませんでしたが、後々のことを思えば、ここは決めて欲しかったですね。

■まとめ 

O#は予想どおりでしたが、D#が誤算。正直、TDを取られるとは思っていませんでした。

この次がPITとJAXのいずれになるにせよ、D#はまだまだ安心できませんね。

SB連覇に向けて、D#にもう少し課題があるようです。


Week 17 vs NYJ - Review -

新年明けまして、おめでとうございます。

本年もどうぞ本ブログをよろしくお願いします。

というわけで、本年一発目の投稿は、Week17のNYJ戦。

-10℃の戦いの結果は、

Pats 26 - 6 NYJ

でした。

D#は確かに良かった。ただ、O#はペナルティーに救われた一戦でした。

■ インアクティブ 

WRホーガン、LBバークヘッド、RBホワイト、DTブランチ、RBギリズリー、OLクロストン、LBハリスがインアクティブでした。

なんと、RB3人がインアクティブ。ただ、アクティブだったRBルイスとRBボールデンは活躍しました。

ボールデンは正直、ギリズリーよりも良いのかもしれません。

ハリスはWeek6に引き続いてインアクティブ。今シーズンは古巣と対戦することはありませんでした。

■Pats O# vs NYJ D#

QBブレイディは、18/37(48.6%)、190Yds、2TD、0INT、RT82.0。数字を見ればわかるとおり、パスが決まらない。

それでも、RSを通しての獲得パスYdsは1位。昨シーズンが良過ぎただけに、物足りなさは感じるものの、WRエデルマンがいない中では、快挙といえるでしょう。

対して、ランは、RBルイスが26回93Yds、RBボールデンが9回46Yds、全体でも38回147Yds。BUF戦(38回193Yds)ほどではないにしても、ランがよく進みました。

けっきょくルイスは、180回896Yds、Ave.5.0Ydsという成績でRSを終えました。

ギリズリーのキャリー回数が104回(383Yds)なので、この回数とルイスのAveを考えて、早々にルイスを先発RBとしていれば、ルイスのシーズン1,000Yds超えは十分にあり得たのでしょう。

ルイスといえば、このゲームでは最初のドライブで腕を伸ばしてのTDや、PITのRBベルのように穴ができてからの一気の加速といったようなスキルを見せています。

さて、ブレイディのパスが通らなかった件。

1つはTEグロンクが完全に抑えられたこと。パスキャッチどころか、ターゲット回数もゼロ。NYJのLBとSの連携によってオープンになれませんでした。NYJ D#の連携というか、コミュニケーションの良さは素晴らしいですね。WRクックスに対してもそうでしたが、LBやCBとSとの連携が実に上手い。トッド・ボウルズHCのD#スキームはこの連携が要なのでしょうね。

対して、ブレイディとレシーバー陣とのコミュニケーションは今ひとつでした。特にWRアメンドーラやクックスとの息が合っていませんでした。エデルマンの抜けた穴問題ですね。これがPOでどのようになるのか。注目です。

他にも、ブリッツといったNYJ D#のプレッシャーへの対処の不味さや、なによりフィールドが寒過ぎた(ホームで史上2番目の寒さ)というのもあります。

ブレイディのパフォーマンスはどうだったのかというと、ショートしたりオーバーだったりと、正確さに欠けているのは確かでした。ただ、動き自体は、BUF戦よりもさらに良くなっていたような気がします。オープンになれないレシーバー陣や落球の方が深刻かと。オープンになれば難なく決めていました。3QのRZでのクックスへのパスミスはブレイディに責任があるのかもしれませんが。

全体的にNYJのパスD#が良かったように思います。

■Pats D# vs NYJ O# 

単純に、PatsのDLがNYJのOLに勝ちました。4Qのセイフティーのシーンをはじめ、ブラウン、ガイ、フランソワ、アダム・バトラーのDT陣、トレ・フラワーズ、リー、ワイズ、ハリソンのDE陣がNYJのOLを圧倒していました。

ハリソンは十分に戦力になりますね。良い補強でした。

CBギルモアのつまらないペナルティーはあったり、CBジョナサン・ジョーンズがWRステュワートにロングを許したりする場面もありましたが、セカンダリー陣も総じてがんばっていたと思います。

QBペティのパス精度の不味さもありましたが、PatsのD#はランもパスもよく止めていたと思います。

■ST

Pアレンが素晴らしかったですね。

8回蹴って、20Yds以内が5回、5Yds以内も4回ほどありましたでしょうか。POW級の活躍でした。

■まとめ 

NYJのD#、特にパスカバーに苦労しましたが、PatsのD#ががんばって快勝です。

NYJはドラフトでQB、CB、OLを補強することになるのでしょうね。

QBハッケンバーグを最後まで出さなかったのはよくわからなかったのですが。

無事に勝って、POの第1シードを獲得。ケガを癒やしつつ、ホームフィールドアドバンテージを活かして欲しいですね。


Week 16 vs BUF - Review -

結果は、

Pats 37 - 16 BUF

O#が30点とってくれたのは、何より。

■ インアクティブ 

WRホーガン、LBレイリー、LBヴァン・ノイ、RBバークヘッド、RBホワイト、DTブランチ、OLクロストンがインアクティブでした。

ホワイトは意外でしたね。調子も今ひとつだったでしょうか。

■Pats O# vs BUF D#

このゲームでもランが進みました。RBルイスが24回129Yds。全体でも38回193Yds。Week13と同じような獲得ヤードでした。

QBブレイディは、21/28、224Yds、2TD、1INT、RT106.8。1INTは相手のCBポイエを褒めるしかないです。WRブリットへのパスを完璧にINTされました。パスのタイミングが少し遅かったですね。

ブレイディは随分と良かったですね。フットワークも戻りました。TEグロンクに頼ることもなく、パスを散らしていました。

OCマクダニエルズのプレーコールに注目していたのですが、このゲームでは多彩でしたね。というよりも、選手をいろいろと使い分けていたでしょうか。

TEホリスターをスロットレシーバーとして起用したり、ゴール前に限らずTEのグロンク、アレン、ホリスターの3人が同時にインフィールドしたり。

WRドーセットを短いヤードで起用したのも好印象。WRクックスのカムバックルートも多かったように思います。

その分、2Q最初のグロンクへのTDパスが通らなかったのは痛かった。空いていたんですけどね。ミスコミュニケーションだったでしょうか。

とにかく、このゲームではプレーコールが冴え渡っていました。2Q最後の4thダウンはFGで良かったと思います。リードして前半を終えられるチャンスでしたしね。結果的には同点で終わりましたが。

ゲーム途中でケガしたSハイドの代わりを突いて、TEグロンクへパス。これは通りませんでしたが、PIFをもらっています。RBギリスリーの久しぶりのランTDも見られました。

ギリスリーのスクリーンパスも良かったですね。攻撃の幅が広がりました。

ただ、3Qの4thダウンの中央ランはいただけない。判定が覆ったから良かったものの、もう少しで攻守交替でした。このゲームではなにかと判定に助けられたように思います。

OLもがんばりましたね。ランブロックも良かったですし、パスプロも持ちました。というか、RGメイソンがプロボウルに選ばれなかったのは何故でしょうか。

■Pats D# vs BUF O# 

前半は1stダウンで進まれ、2ndダウンで進まれて、3rdダウンショートも止められない。相変わらず、立ち上がりはイマイチでしたね。

ただ、D#がTDを許さなかったのは良かったですね。
4thダウンショートを止める場面もありました。

RBマッコイを17回71Yds、QBテイラーのランも16Ydsに抑えました。

DTブラウンのサックやDEトレ・フラワーズのQBへのプレッシャーや要所のタックルも良かったです。DLは全般的に良かったです。その分、
LB陣にもう少しがんばって欲しかったですけれどね。

苦言をいうとすれば、CBマルコム・バトラーでしょうか。どうも動きがイマイチで、ロングパスを通されたり、ランを止められなかったり、すれ違いでタックルに行けなかったり。簡単にカバーを外し過ぎな気がします。ホールディングのペナルティーもありましたしね。プロボウルに選ばれなくてショックだったのでしょうか。

CBギルモアもWRベンジャミンに苦労していました。ベンジャミンはとにかくデカイ。TDパスのインコプリートは助かりました。

SSチャンがよくTEクレイをカバーしていました。途中でサイドラインに下がる場面もありましたが、その後に戻ってきました。ヒヤッとしましたね。チャンがいるといないのとでは、安定感が違います。

■ST

KゴスコウスキーはFGもPATも全て決めました。一安心です。

■まとめ 

Week13と同様に、結果は快勝です。

ただ、前半は競っていましたし、2Q最後のベンジャミンのTDが決まっていたら後半はわからなかったですね。

ラスト1ゲーム。勝って、第1シードをものにしたいですね。



Week 15 @ PIT - Review -

MIA戦に無くて、PIT戦に有ったもの。TEグロンク。

結果は、

Pats 27 - 24 PIT

Patsが薄氷の勝利を掴みました。

では、感想戦を。

■ インアクティブ 

WRホーガン、RBギリスリー、Sキング、LBヴァン・ノイ、OLクロストン、DEグリッソム、DTブランチがインアクティブ。

ホーガンはMIA戦でも動きがいまひとつでした。ヴァン・ノイはどうなんでしょうね。Injury Reportには挙がっていなかったのですが。

この2人が欠場して、影響がなかったかといえば、あったと思います。WR陣は手詰まり感があり、LB陣はランD#がイマイチ。

この2人のヘルシーな状態での復帰が待たれます。

■Pats O# vs PIT D#

QBブレイディは、22/35(63%)、298Yds、1TD、1INT、RT87.6。

1INTはあったものの、MIA戦よりは随分とマシでした。猛トレーニングを積んだのではないでしょうか。ゲーム中も、気合いが入っていましたし。これからさらに良くなることが期待できます。

OLは、PITのDLのプレッシャーに苦労していましたね。RTは先発はフレミングでしたが、途中でウェドルに替わっています。

このゲームでは、ラン19回77Yds。RBルイスのランは前半はそれなりに出ていました。ただ、後半は対応されていましたね。RBバークヘッドはケガ(knee)で途中交代。心配です。

気になったのは、WRクックス。最近はマンツーマンのカバーで抑え込まれています。43YdsのロングレシーブやTDレシーブもありましたが、これらはゾーンカバーのときのもの。もう少しフリーになって欲しいところです。

そして、なんといっても、グロンクですね。9/13、168Yds、ロング31Yds。グロンク劇場でした。相手のSSショーン・デイビスは何もできず。POでは、グロンクに対してダブルカバーでくるのでしょう。

グロンクに頼らざるを得なかったのは、3rdダウンコンバージョンが悪かったから。3/9、33%です。

特に、PIT D#の3rdダウン時のプレッシャーがスゴイこと。メリハリをつけたD#で、苦しめられました。

新加入のWRブリットも1レシーブを記録。レシーブ後にサイドラインに下げられて、何か憤慨していましたが、Patsのフィロソフィーに気付いて欲しいですね。出たくても出られるようなチームではありません。

ですが、ブリットはデカイ。TEのようなサイズです。おまけに、難しいボールをキャッチしました。問題を起こさなければ、出場機会も増えるのではないでしょうか。

最後は大味なO#になりましたが、それはPITのD#を褒めるべきなのでしょう。

■Pats D# vs PIT O# 

とにかく、RBベルを止められない。

ランで24回117Yds、レシーブで5/6、48Yds。

特に、3rdダウンでアウトカール気味のパスに2度やられました。カバーしていたのはDEトレ・フラワーズ。さすがに3度目はSSリチャーズがついていましたけれど。トレ・フラワーズにRBのパスカバーをさせるのはよくないような気がします。

WRアントニオ・ブラウンはケガで退場。こちらは心配ですね。病院に直行ということで、シーズンアウトかもしれません。気の毒です。

ブラウンがいなくても、WRスミス-シュスター、WRブライアント、WRロジャースにパスレシーブを許しました。PITは駒が揃っていますね。

このゲームではCBギルモアのカバーがイマイチ。狙われていました。レシーバーにちょっと離れ過ぎですね。

復帰したDEトレ・フラワーズは、0.5サック、3QBヒット、3QBハリーと活躍。QBロスリスバーガーに対してよくプレッシャーをかけていました。

DEエリック・リーは狙われていましたね。リー側のアウトサイドのランが決められていました。途中で、トレ・フラワーズがこちら側を担当するようになりました。

あの手この手と、PatsのD#の弱点を突くO#を、PITに展開されてしまいました。O#もそうですが、D#も対策を練られています。次の対戦が恐ろしいですね。

PITの最後のドライブは、CBロウが振り切られてロングパスを許し、そしてロウがパスディフェンスをして弾いたボールをFSハーモンがINTしたという構図です。

このゲームでは、CBはバトラー、ギルモア、ロウが出ていたのですが、ロウも良くなかったですね。ロスリスバーガーのパスが良かったというのがありますが。

■ST

Kゴスコウスキーが、PATを1つ失敗。

大事な頂上決戦での失敗は良くないですね。46YdsのFG成功がありましたが、ミスを無くして欲しいですね。

■まとめ 

勝ったからいえるのですが、面白いゲームでした。

最後になんとか勝てたというのが本音ですが。ロスリスバーガーは焦りましたね。時間もあったし、FGでも良かったはずですが。

ただ、ロスリスバーガーは良かったですね。コントロールが良いですし、無駄投げしないし。

PITはPOでも変わらずに強敵になりそうです。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ