Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

レビュー

Week 11 @ OAK - Review (2) -

スナップカウントを見ていて気付いた点を少々。

■ O#

O#のスナップ数は、60でした。

OLは、LTソルダー、LGチューニー、Cカラス、RGメイソン、RTウェドルという布陣。

ウェドルが途中で痛んだり、ゲーム終盤でQBがブレイディからホイヤーに代わったりした際には、ウェドルやソルダーの代わりにOTフレミングが入りました。

同じく、ゲーム終盤でチューニーの代わりにクロストンが入りました。クロストンは今シーズン初出場ですね。経験を積ませたのでしょうか。初出場の感触が気になるところです。

OLの評価は微妙ですね。ロスタックルが6回あったりと、ランプレーで押し込められていない場面がありましたから。来週はDLが強力なMIAです。そろそろウェドルが攻略されるのかもしれません。

WRは、クックスが56、アメンドーラが35、ドーセットが28。

アメンドーラは8/9、66yds、1TD。強力なウェポンです。ブレイディとクックスとのコンビネーションが良くなって、アメンドーラの負担が減っているのかもしれません。シーズン開始当初は、アメンドーラに頼っていましたからね。

一方、ドーセットのスナップ数は落ち、ターゲットにもならず。ホーガンに代わって2ゲーム目なので期待していたのですが、まだまだですね。残念。

TEは、グロンクが53、アレンが25、ベネットが17、ホリスターが3でした。ホリスターはどこにセットしてよいのかわからず、ブレイディに怒られていましたね。こう考えると、ベネットはチームに合流直後から普通にプレーしていましたので、さすがですね。アメフトIQが相当に高いのでしょう。

先週時点で、ベネットのスナップ数が増えたらアレンのスナップ数は減るのでは、と思っていましたが、むしろ増えました。2/2、24yds。3rdダウンを更新するレシーブやファンブル・リカバーをするなどして、大活躍でした。ブロックは相変わらずいいですしね。ベネットが加入して、発奮したのでしょうか。

FBデヴェリンのスナップ数は21。フルバックをここまで活用するのはPatsだけだそうです。フルバックとしてのプロボウル候補でしょう。

RBはルイスが26、バークヘッドが19、ホワイトが17。ルイスはランにレシーブに大活躍。当分はこの3人がスナップを分け合うのでしょう。

QBは、先週と引き続き、ゲームが決まったところでブレイディからホイヤーにチェンジ。AFCの他のゲームをみても、ブレイディがPOWに選ばれるのでしょう。それか、クックスでしょうか。

■ D#

D#のスナップ数は74でした。

DTは、先週に引き続きA.バトラーが39で最多。続いて、ガイが31、ブランチが27、ジャン・フランソワが25でした。ジャン・フランソワの出場機会が伸びています。来週はブランチとジャン・フランソワのスナップ数が逆転するかもしれませんね。ブラウンを入れると、DTは5人になります。もう少しの間、ブラウンを温存するのかもしれません。

DEは、フラワーズが68、ワイズが45、マーシュが2。フラワーズはサックが0.5、QBヒットが4、パスディフェンスが1。現状、フラワーズの体調だけが心配です。なお、今週も、DLによるロスタックルはゼロでした。全体でもゼロだったんですけれどね。

LBは、ヴァン・ノイが64、ロバーツが39、M.フラワーズが32,ハリスが28、レイリーが13です。フラワーズのスナップ数が伸びました。ファンブル・ホースもありましたし、この先も出場機会を伸ばすかもしれません。

先週のゲームでも取り上げたハリスは、このゲームでもミスタックルがあるなどして、ランストップにイマイチ貢献できず。このままだと、出場機会はどんどん減っていくのかもしれません。期待していたんですけれどね。

CBは、バトラーが72、Jo.ジョーンズが70、ギルモアが58、バーデモシが18。バーデモシはギルモアが脱水症状で抜けた際にスナップに参加していました。ギルモアはWRクーパーをよく抑えていました。バトラー、ジョーンズとともに、このゲームではCBが良かったですね。

Sは、マコウティーがフル出場、チャンが68、ハーモンが36、リチャーズが5と続きます。チャンは8タックル、1アシスト、1ファンブルリカバー。大活躍でしたね。FSハーモンの動きも良くなってきました。よくカバーしてのINTもありましたしね。Sトリプレッツの復活ですね。

DT、LBはまだ定まっていない感じがありますが、Sを初めとしたセカンダリーが安定してきた印象があります。DTはブラウン、ガイの2本柱に、ブランチ、ジャン・フワンソワのローテーション。A.バトラーはEDGEに回って欲しいです。ガイはDEにクレジットされていますが、どうなんでしょうね。LBはヴァン・ノイ、ロバーツ、フラワーズが中心になるとみています。

D#はまだまだ良くなる余地があるだけに、この先も楽しみです。


Week 11 @ OAK - Review -

結果は、

Pats 33 - 8 OAK

結果どおり、快勝でした。

では、感想戦を。

■ インアクティブ 

インアクティブは、RTキャノン、WRホーガン、WRスレイター、Cアンドリュース、CBロウ、RBギリスリー、DTブラウン。

DEマーシュが復帰しました。OLクロストンは初のロスター入りですね。

■Pats O# vs OAK D#

QBブレイディにWRクックスという武器を与えるとこうなる、というゲームでした。

OAKのセカンダリーはクックスのスピードについていけず。CBとSでダブルカバーしていましたが、クックスのスピードで置き去りにしました。

クックスは、6レシーブ、149yds、最長64yds、1TD。

ブレイディは、30/37、339yds、3TD。レイティングは134.9です。他のゲームの状況がわからないのですが、またAFCのPOWをとるのでしょうか。

RBバークヘッドのファンブル以外は、PatsのO#はいうこと無し。

ランO#は20回、89yds。RBルイスに関していえば、10回、60yds、Ave.6.0yds。20ydsのロングもありました。

解説のトニー・ロモも、ボール・セキュリティーはジョブ・セキュリティーというとおり、ファンブルをしたバークヘッドよりもルイスが重視されることになるのでしょう。

心配していたCアンドリュースの欠場ですが、Cカラスが問題なく代わりを務めました。

TEアレンも2レシーブを記録。TEグロンク、TEベネットとともに、強力なTEクロップを形成することになりそうです。

OAKのD#は、DLがそれなりにブレイディにプレッシャーをかけていましたが、十分とはいえず。そうなるとセカンダリーに負担がかかるのですが、Patsのレシーバー陣を抑えることができず。結果、PatsのO#が爆発、ということになりました。

■Pats O# vs OAK D#

O#が好調であれば、D#も好調。3Qまではシャットダウン。4Qはゲームの趨勢が決まって、集中力が無くなったか、TDを決められてしまいました。

特にパスD#が良かったですね。WRクーパー、WRクラブツリー、TEクックを無力化しました。

QBカーの成績は、28/49、237yds、1TD、1INT、68.2RT。PatsのD#はいよいよ本格化してきました。

大きかったのは、2Q終盤のゴール前のLBフラワーズ(M.)によるファンブルフォース。これが効きました。結果として、前半をゼロポイントで終えることができました。後半開始はPats O#からでしたからね。そして、後半開始早々にブレイディからクックスへのTDパスが決まって、勝負があらかた決まってしまいました。

ランD#については、RBリンチにゴリゴリと進まれました。25ydsのロングゲインを許す場面もありましたが、最終的には67ydsに抑えました。

ただ、やっぱり、DLで止めきれないので、DT陣、それにLB陣にがんばって欲しいところです。

DTについてはブラウンの復帰が待たれますね。LBについては、ヴァン・ノイを中心に、ロバーツ、M.フラワーズ、ハリス、レイリーがローテーションしています。

パスラッシュが弱いところはいつもどおりでした。

■ST

今回はボールがよく飛ぶためか、キックオフはほとんどタッチバックにして、リターンの機会を与えませんでした。

KゴスコウスキーのFGは4/4。その中には、62ydsというキャリアロングが含まれます。

■まとめ 

2戦続けて、AFC西のチーム相手に快勝。

RTウェドル、SSチャンがゲーム途中でサイドラインに下がったものの、その後ゲームに戻ってきました。

CBギルモア、WRアメンドーラは脱水症状を起こしたようですが、こちらもゲームに戻ってきました。

DEマックのブレイディへの足下へのタックル(ペナルティー)にはヒヤリとしましたが、これでブレイディが痛めたということもないようです。

ケガもなく勝利したことは何より。

次週はホームにMIAを迎えます。その後はアウェイ3連戦。

3連戦最後のPITにあたるまでは負けられないですね。


Week 10 @ DEN - Review (3) -

スナップカウントについて、今回はD#。

D#のスナップ数は63でした。

DTは、A.バトラーが38で最多。今年ルーキーFAで獲得したA.バトラーがこのゲームの最多スナップ数。随所に良いプレーも見せていました。これからのさらなる成長に期待です。

A.バトラーの後、ガイ(35)、ブランチ(31)、ジャン・フランソワ(11)が続きます。ジャン・フランソワは出場機会が少なかったものの、タックル2回を記録。巨漢で存在感もありますし、次週以降はジャン・フランソワのスナップ数が増えると予想します。ブラウンのケガが癒えるまでは、この4人がローテーションすることになりそうです。
DEは、フラワーズが56、ワイズが32。生粋のパスラッシャーが2人だけではなんとも。

DT/DEを含むDLで、ロスタックルはゼロ。QBヒットはワイズの1回だけでした。サックは全体でもゼロでしたね。この辺に、WRサンダースに良いようにレシーブされた要因があります。もう少し、QBにプレッシャーをかけて、ランをスクリメージライン付近で止めるようにして欲しいですね。

DLがアレなので、頼みの綱はLBとなります。

LBは、ヴァン・ノイが62で、ほぼフル出場。当然、タックルリーダー。ハイタワーの代わりを務めます。ロバーツが38、ハリスが30、フラワーズが19、レイリーが8です。

レイリーには驚きました。10月25日にPSからロスター入りしたのですが、てっきりST要員かと思いきや、D#スナップにも参加しています。しかも、アシストタックルを記録。ちなみに、STでは最多のスナップ数。この先、活躍するのかもしれません。公式デプスチャートでは、ハリス(3rd)に先んじて2ndに入っていますからね。

ハリスは良いパスディフェンスがありましたが、もう少しロバーツとともにランストップに貢献して欲しいですね。RBチャールズにすり抜けられることもありました。現状のPatsのD#の要はLB陣ですからね。戦術の理解が先でしょうか。

CBは、ギルモアとM.バトラーがフル出場。他にCBとして出場したのはJo.ジョーンズ(25)のみ。バデモーシはまさかのゼロスナップですからね。もったいないような気がしますが、どうでしょう。CBとしてはロウもいますが、スロットレシーバーをカバーするCBはJo.ジョーンズしかいないのが現状。バトラーも苦手としていますからね。

Pats D#の弱点は、端的に、スロットレシーバーへのパスです。相手チームがそのことを見抜けるかどうか。OAKは強力なスロットレシーバーがいるのでしょうか。

Sは、マコウティーがフル出場、チャン(55)、ハーモン(47)、リチャーズ(17)と続きます。チャンはWRについたりTEについたりと大忙し。CB間の連携が悪いだけに、Sのフォローが重要になります。チャンはINTも決めました。

この先もセカンダリーの連携が重要になりそうです。パスラッシュが望めない今、セカンダリーのカバーが重要になります。

■ ■ ■

話は変わりますが、ドリュー・ブレッドソーがマイルハイに来ていましたね。

ブレイディと談笑していました。また、ブレッドソーの息子さんも来ていて、ブレイディ、クラフトオーナー、ブレッドソー親子で写真に写っていました。

ブレッドソーの息子さんはブレイディをどう見ているのでしょうか。親の敵(かたき)でしょうか? いや、単なるファンですね、きっと。

ブレッドソーがケガをしたときにブレイディに代わり、ブレッドソーがケガから回復したときも、早々にベリチックに「ブレイディでいく」といわれたそうです。

ブレッドソーは当然に最初は悔しかったようですが、ベリチックにドラフトされたわけでもなかったので、諦めがついたようです。

とはいえ、今のPatsがあるのは、ブレッドソーがいて、QB以外をテコ入れできたからですからね。その後ブレイディに代わられたとはいえ、ドラフト1位指名でQBをとったから、Patsは強くなれたのだと思います。


Week 10 @ DEN - Review (2) -

スナップカウントを見ていて気付いた点をいくつか。

今回は、O#。

OLは、LTソルダー、LGチューニー、Cアンドリュース、RGメイソン、RTウェドルという布陣。

このうち、チューニー、メイソン、ウェドルはフル出場。

一方で、ソルダー、アンドリュースはゲームが決まった後はサイドラインに退きました。代わりに、フレミングとカラスが出場。

Patsとしてはソルダーにケガして欲しくないんですね、やっぱり。バイ・ウィークの間に契約更新があるかと思いましたが、ありませんでした。ただ、ソルダー自身もそうですし、彼の息子さんのこともありますから、家族との時間や健康を考えて、今シーズン限りで引退ということも考えられるでしょうか。難しい問題ですね。

アンドリュースが交代したのは、QBがブレイディからホイヤーに代わってスナップミスを防ぐためだったでしょうか。ただ、アンドリュースは、PFFのCランキングで2位という評価。温存ということもあったのかもしれません。

WRは、O#スナップ70回中、クックスが68、ドーセットが49、アメンドーラが27。

ホーガンがケガして3人という状態。ホーガンに代わってドーセットがスナップ数を伸ばしました。ただ、2キャッチ、16ydsは少なすぎ。ホーガンほどは難しいにしても、40~60ydsはコンスタントに稼いで欲しいです。次のOAK戦が試金石ですね。

TEは、グロンクが61、アレンが20、ベネットが7、ホリスターが2でした。この先、ベネットのスナップ数が増えると想定されます。そうなったときに、アレンのスナップ数はどうなるでしょうか。注目です。

FBデヴェリンのスナップ数が45でした。今シーズンのこれまでの最高が29だったので、大幅に伸びています。デヴェリンをリードブロッカーとしたランを出そうというゲームプランだったのでしょう。

RBはバークヘッドの36が最多。その後、ルイス(21)、ホワイト(11)、ボールデン(3)と続きます。

バークヘッドはラン・パスともに活躍しました。一方で、ルイスに求められたのはラン。パスターゲットの回数はゼロでした。もちろん、ルイスはパスキャッチも上手いんですけどね。ギリスリーの役割をルイスがこなした格好ですね。そう考えると、来週のゲームもギリスリーはインアクティブでしょうか。ホワイトはスナップ数が少ないながらも、フィールドに立てばランやパスに貢献。今シーズン、最多のキャッチ数はグロンクでもクックスでもなくホワイトです。逆にいえば、DEN戦はホワイトを使うまでもなかった、とみてとれます。

QBは、ゲームが決まったところでブレイディから代わったホイヤーがリリーフ。

ちなみに、今シーズン、ブレイディがスナップに参加しなかったのは初めてです。


Week 10 @ DEN - Review -

結果は、

Pats 41 - 16 DEN

新たに獲得したTEベネットやDTジャン・フランソワどころか、QBホイヤーもデビュー。

快勝して嬉しいと思う反面、プレビューでも書いたとおりに、どうしたDEN?!、というゲームでした。

では、感想戦を。

■ インアクティブ 

DTブラウン、RTキャノン、WRホーガン、OLクロストン、DEマーシュまでは予想通り。

CBジョーンズ(Jo.)ではなくCBロウがインアクティブ、そしてRBギリスリーがインアクティブというのも驚きでした。

Jo.ジョーンズはSTでも良い働きをしていますからね。これはわかります。

ギリスリーはヘルシー・スクラッチですね。来週はアクティブになるかといえば、微妙ですね。

ただ、ベネットが活躍したことで、TEホリスターがインアクティブになる可能性があります。

ゲーム中の実況から、WRスレイターがケガをしたとのこと。STの要だけに心配ですね。

■ST

そして、そのST。LAC戦に引き続き、このゲームでもやってくれました。

DENのPRがマフったボールをJo.ジョーンズがタックルしてTEホリスターがリカバー。

KR/RBルイスが、キックオフリターンをお見舞い。

RBバークヘッドがパントをブロック。

DENの選手がフィールドに出る前にLSカルドナがスナップして、4thダウン更新。

あと、いつものことながら、キックオフはハイキックして、敵陣深くでタックルして、相手に良いフィールドポジションを与えません。

特に、ルイスのリターンはLAC戦でも見せていましたし、ハイキックからの敵陣深くでのタックルは
毎ゲームのことです。これに手を打ってこなかったのは、DENのSTのミスでしょう。

今シーズン通して良いのは、O#でもD#でもなく、STというのは間違いないです。STCのジョー・ジャッジは31歳。Kゴスコウスキーも立て直していますし、シーズンオフになれば、どこかに引き抜かれるでしょうね。

■Pats O# vs DEN D#

QBブレイディは、25/34(73%)、266yds、3TD、125.4RT。

6回あったプレッシャー下でのパスは100%成功。

ドロップや投げ捨てをカウントに入れなければ、パス成功率は81.3%とのことです。

マイルハイに鬼がいました。ブレイディという鬼が。

ちなみに、ホイヤーは、3/3、37yds、118.1RT。さすが、先発QBだっただけはあります。

金曜日に初めて練習に参加したベネットが、日曜日のゲームに出ました。

わずか7スナップの出場ながら、3/3、38yds、最長27yds。一線級のTEは違います。観た感じでは、肩にタックルを受けてもゲームに出ていたので、ケガの具合は特に問題がないように思えましたが、どうでしょう。

やっぱりベネットか、と思っていたのですが、TEアレンはアレンで良いランブロッキングを決めていました。

そして、そのときが来ました。最初のパスターゲットの際は、エンドゾーン内で落球。あ~あと思いながら、2度目のターゲットの際に、見事TDパスをキャッチ。アレンがやりました。Patsでの初キャッチがTDレシーブです。TEグロンクがいっしょに喜んでいたのが印象的でした。

期待のWRドーセットは2/2、16yds。まだまだブレイディとの息が合いませんが、こちらは長い目でみることになりそうです。途中で足を痛めたようですが、その後はゲームに戻ってきました。

DENのセカンダリーはWRクックスとグロンクのカバーを強化するあまりに、バークヘッド、RBホワイト、ベネット、アレン、ドーセット、WRアメンドーラ、RBデヴェリンまではカバーできず。DENのD#にとっては悪夢だったでしょうね。

心配していたOLBヴォン・ミラーも控えRTウェドルが上手くコントロールしていました。DENのパスラッシュはほとんどブレイディまで届きませんでしたね。ブレイディもクイックスローを心掛けて、ロングがない代わりに、ショートパスをバンバン決めました。本来のPats O#の姿ですね。ただし、クックスへのロングも時折混ぜるので、相手D#は昨シーズン以上に厄介だと思います。

RZ O#の評価は保留でしょうか。2Qの2つのRZ、特に2つ目のパントブロックからのRZではTDを決めたかった。ここでTDを決めていれば、DENのモメンタムを大いに削ぐことができたと思います。1つ目のRZもゴール前1ydでしたからね。是が非でも決めたかった。

4回のRZでTDを決めたとはいえ、RZや3ダウンショートのO#はまだ課題がありそうです。

ただ、ベネットが加わり、アレンがレシーブを決めたことで、TEクロップが充実したのは確か。DEN戦でもそうでしたが、この先もダブルTE体形を多用するのではないでしょうか。これがうまくいけば、RZ O#の問題が解消するかもしれませんね。

■Pats D# vs DEN O# 

端的にWRサンダースにやられました。といっても、前半のサンダースですが。前半だけで、5/7、114yds。CBバトラーとCBジョーンズがやられていましたね。しかし、後半は、1/4、23ydsに抑えています。

全体でもパス喪失ydsは221yds。代わりにランが進まれて、28回、118yds。

なにより、進まれてもRZでTDを許さず、失点を16に抑えたのは立派です。

CBはギルモアが復帰して、CBバデモーシはST以外に出場せず。WRフリオ・ジョーンズと互角に渡り合ったバデモーシを使わないというのがPatsコーチ陣のスゴイところですね。

そのギルモアはWRトーマスをよくカバーしていました。ただ、3rdダウンの場面でペナルティーをおかしたのはいただけない。アグレッシブなのがウリのようですが、余計なペナルティーは減らすべきですね。コーチ陣に期待します。

■まとめ 

結果は快勝ですが、DENのチーム状況に助けられたようにも思われます。

特に顕著だったのが、3QのルイスのラッシングTDの場面。

ゴール前だというのに、DENのD#全体が緊張感に欠けて、その隙を突いて、ドロープレーでTDを決めました。フィールドに10人しかいなかったというのもあったようですが、一番集中しなければならない場面でこれでは、と思いました。あと、D#も、O#も、STも、選手の交代やセットするのが遅かったように思います。全体的にタラタラした感じですね。

ペイトン・マニングがいた頃は、マニングが不調でもD#で競り勝つ、という気概があったように思いますが、今日のゲームではO#やSTの不調がそのままD#に伝染ったように思えました。

QBオズワイラーが苦戦しているのに、サイドラインでQBシーミアンとQBリンチが談笑しているというのも、どうかなぁ~、と思いますね。繰り返しになりますが、オズワイラーを起用するという選択肢は無い、と思います。

これはオズワイラーがシーミアンやリンチより劣っているからいっているのではなく、チームを去って先発QB失格の烙印を押された彼にリーダーシップをとることはできない、と思うからです。

どうしたDEN?!、という気持ちが拭えないですね。

DENはここでフィロソフィーを見つめ直さないと、来シーズン以降も苦しむと思いますね。

何はともあれ、50点は取れませんでしたが、勝つべくして勝ったゲームだと思います。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
43 DB Nate Ebner
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
51 LB Trevor Reilly
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DE Cassius Marsh
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
87 TE Rob Gronkowski
88 TE Martellus Bennett
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2017/11/18現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ