今週はサーズデー・ナイト・ゲームということで早めかつ簡単に。

Patsの調子うんぬんよりも、INDにとってはかなりシビアですね。

ショートウィーク、前回負け&連敗、アウェー、故障者続出、・・・。

INDはMIAに似ていて、O#ではランが不発、D#はそこそこ、というチーム状況。

普通に考えれば、MIA戦の再現が見られるはず。

Patsのケガ人ですが、DNPは、TEグロンク(Ankle)、CBロウ(Groin)、RTウェドル(Illness)となっています。

グロンクは万全ではないのなら、今週はお休みでしょうか。

ロウはどうなんでしょうね。

CB別のQBレイティングは、Jマコウティーは60.1、ギルモアは64.2、Jジョーンズは82.9、そしてロウは150.5。

ジャクソンもINTを決めたし、ロウの出番は当分来ないのかもしれません。

ちなみに、MIA戦でのジャクソンのスナップ率は24%。ギルモアとJマコウティーは100%、Jジョーンズは86%でした。IND戦では、ジャクソンのスナップ率は伸びるでしょうか。

QBブレイディについてはロングどころか、20Ydsそこそこのパスも良くありません。MIA戦で決めたパスの半分はスクリーンかラテラルパス。ロングの脅威がないのが現状です。グロンクが欠場するとなおさらですね。

そのことをブレイディもわかっていて、ロングを試しているのでしょうが、いかんせんレシーバーが空かなかったり、落球があったり、と安定しません。結果、INTですしね。

D#に頼れるFSがいて、シングルハイで前目前目に守られたら、ランも出なくなります。ここをどう改善するか。ブレイディの試練、そしてOCマクダニエルズの腕の見せ所でしょう。

それでもスコア予想は、

Pats 31 - 16 IND

OCマクダニエルズへの恨みを晴らされたくない、の一心です。


スポンサードリンク