D#が圧巻で、それにO#が応えて圧勝。

結果は、

Pats 38 - 7 MIA

どうせなら、完封して欲しかったなぁ。最後はQBオズワイラーにやられました。

■Pats D#

先発のQBタネヒルに限っていえば、11/20、100Yds、1INT、レイティング47.9に抑え込みました。

ランも合計で、18回56Ydsにしとめ、文句無し。

新加入のLBサイモンをはじめ、ハイタワー、ヴァン・ノイ、ロバーツのLB陣が躍動。

DL陣も穴をつぶして、ランを許さず。DLがMIA OLを圧倒していました。

3rdダウンコンバージョンを3/11に抑えるのに成功。勝因はここにあります。

J.C.ジャクソンもINTを決めて、これからの活躍が期待できます。

これまで先発だったCBロウ、DEデービスはNot-Active。今後のゲームプランにどういう影響が出るでしょうか。

■Pats O#

なんといっても、RBミシェル。25回112Yds。ロングも23Ydsあって、TDランもあり。

これを先週のDET戦で見せて欲しかった。

レシービングの負担を減らした分、ランに専念できて、本人的にも良かったのでは。今後はレシービングが課題になりますね。

期待していたドロープレーが良かったですね。ミシェルは穴を見つけて突っ込むタイプなので、どちらかといえばPITのRBベルに似ています。果たしてベルになれるか。間違っても、マローニーにはなって欲しくない。

RTキャノンがほとんどのスナップに出場し、この影響も大きかったのでしょう。OLのランブロッキングは良かったですね。

ゴードンも無事にデビュー。ペナルティーで取り消されたプレーでとり損ねがありましたが、それでも十分に戦力になるところを見せてくれました。ロングよりもスラントルートのパスをとってくれるのはいいですね。

ゲームプランとしては、スクリーンパスやリバース/リバースフェイクを多用するなどして、相手のD#に的を絞らせませんでした。なぜこれを先週のゲームでやってくれなかったのか。

ただ、QBブレイディの2INTは良くないですね。1つ目は相手がうまく対応したので仕方がなかったとしても、2つ目は不要であり、完全にマークされているところに投げ込みました。

それでも、RBホワイトへの浮かせたTDパスは見事でした。

課題であった3rdダウンコンバージョンは10/15(67%)と素晴らしいもの。RZ O#も3/4、75%と、こちらもまた素晴らしい。

来週はWRエデルマンが戻ってきて、さらにTEホリスターが戻ってくれば、レシーブ陣は充実します。楽しみですね。

ただ、気になるのはTEグロンクの足首の状態。ゲーム途中で退場しました。重傷でなければいいですね。

■ST

PRはCyジョーンズ。ロングで24Ydsがありました。この先のリターンゲームも楽しみです。

■まとめ

今週はホームであり、MIAにケガ人が多く、なにもかもがうまくいった感があるので、来週のIND戦で今回のゲームを再現し、そして再来週のKC戦に全てをぶつけることができればいいですね。





スポンサードリンク