現地木曜日のレポートですが、

DNPはCBロウ(Groin)。

LPは、RTキャノン(Calf)、SSチャン(Concussion)、CBクロッセン(Hamstring)、Sエブナー(Hip)、DEフラワーズ(Concussion)、WRゴードン(Hamstring)、DEグリッソム(Ankle)、TEグロンク(Ankle)、TEホリスター(Chest)、STキング(Foot)、DTシェルトン(Elbow)。

FPは無し。

ロウは水曜日の練習には出ていましたが、悪化したのでしょうか。今週のゲームには出ないかもしれませんね。

フラワーズとチャンは復帰するでしょうか。そうなると良いですね。

何気に注目しているのはホリスターの状況。彼が戻ってくれないと、5Yd付近のパスがとおらなくなるので、なんとか戻って欲しいですね。

そして、ゴードン。いよいよ今週デビューでしょうか。

ただ、ゴードンが出場できたからといって、劇的にパスO#が改善するかといえば、少し疑問。プレーコール次第でしょう。

ゴードンがワイドアウトのルートを走って、ドーセットがインサイドに走り込めるようになれば、5Yd付近のパスがとおるようになります。

グロンクとゴードンを同じサイドで縦にセットするのもいいですね。D#は混乱するでしょう。

今シーズン、30Ydを超えるようなパスはまだ決まっていません。20Ydを超えるパスも1本のみ。

ゴードンに20~30Ydのパスが1本でも決まれば、相手にとっては十分に脅威になるはず。

そうなれば、ランも決まりやすくなるかもしれません。MIA戦はパスから入って欲しいですね。

LBベントリー、RBバークヘッドがIRへ。

代わりに、DEジョン・シモン、RBケニヨン・バーナーとサイン。

ベントリー、バークヘッドがゲームに出られないのは痛手でしょうが、正直、D#もランO#も最悪の状況なので、本当の痛手かどうかはまだわかりません。


スポンサードリンク