ファンタジーでもなんでもなかったという話。

NFL矯正収容所ことPatsが、ex-CLEのWRジョシュ・ゴードンをトレードで獲得しました。

トレード条件は定かではないですが、2019年5巡ということです。

もしゴードンが10ゲーム以上インアクティブであれば、2019年7巡をCLEから受け取る、という内容だそうです。

2019年5巡という、まぁまぁの好条件。10ゲーム以上インアクティブであれば、ということで、Patsとしてはゲームに出ることが大前提です。

というか、初めてPatsの施設に入るとき、彼はシラフなのでしょうか。そこが全てであるような気がします。

27歳、身長6-3、224ポンド、40Yds4.52秒。戦力になるのであれば、ランディ・モスの再来です。

ゴードンを戦力にすることができれば、それだけで伝説になりそうです。

なお、ゴードンの代わりに、WRコールマンをリリースと相成りました。


スポンサードリンク