昨シーズンのAFCチャンピオンシップの再戦。

そのときのレビューはこちら

一言でいえば、危うい勝利でした。

■ケガ人

RBバークヘッドがゲームに出られるかどうか。

RBヒルもIR行きになったので、RBミシェルはアクティブになるでしょう。

■Pats O#

前回の対戦ではTEグロンクが抑えられました。今回もその作戦でくるのでしょう。

WRドーセットの活躍に期待がかかりますが、どうでしょうか。CBボイエかCBラムジーがマッチアップしてくると思うので、これらの選手に勝てれば本物ですね。

期待がかかるのが、サイズ差を利用しての攻撃。

WRパターソンのスラントやアクロスルートが決まればいうこと無しです。新加入のWRコールマンはどうなんでしょう。練習ではキビキビとした動きを見せていましたが。

あと、TEホリスターがアクティブになれるかどうか。アクティブになれるとしたら、強いインパクトを見せてくれるのではないかと期待します。

当然、RBホワイトをはじめとするRB陣へのパスもキーになります。ミシェルがランにパスにと活躍できるか。ルイス、ヒルの穴を埋めなければならないので、ドラ1巡の責任は重大です。

シーズン序盤とあってか、JAXのD#は圧倒的というほどではないのですが、それでもHOUのD#と比べると、セカンダリーのグレードは上がると思います。

■Pats D#

昨シーズンは開幕時からDLに不安を抱えていました。

DTブランチの不振、DE陣の引退・FA流出、代わりの選手がルーキーやPats1年目ばかり。

今シーズンは、ワイズ、バトラー、デービス、リバースが順調に成長し、ガイも2年目。

さらに、シェルトンにクレイボーンの加入と、DLが見事に復活しました。

HOU戦を見返しても、DTについてはガイがよくがんばっており、ブラウンとバトラーもなかなか。シェルトンのスナップ数はDTの中では1番で、シェルトンがいたからこそ、他の選手が活躍できたのかもしれません。

DEは奇跡的にみんないいです。フラワーズ、ワイズ、クレイボーン、デービス。リバースの出番は、当分来ないのかもしれませんね。

LBはハイタワー、ヴァン・ノイ、ベントリー、ロバーツのローテーション。

セカンダリーは、CBにギルモア、ロウ、J.ジョーンズ、SにD.マコウティー、ハーモン、チャン、これにDBとしてJ.マコウティーが控え。

すでに形ができあがっている感があります。

ランD#さえしっかりとしてくれれば、JAXのO#を圧倒できる素地はあるでしょう。

■スコア予想

Pats 34 - 13 JAX

思わぬ点差が開いたのは、JAXのO#が進まず、D#が集中力を切らす、という予想をしたからです。

負けるのは想像できない、というのは言い過ぎでしょうか。


スポンサードリンク