WRエリック・デッカーが引退を表明しました。

デッカーは、この8月にPatsと契約したばかり。ジョーダン・マシューズ、マルコム・ミッチェルが相次いでリリースされる中での契約でした。

はじめはQBブレイディの訓辞を受けていましたが、練習でいいところを見せられず、そのうちブレイディとの個別ワークアウトも行われなくなりました。

プレWeek3でも前半では起用されず。プレWeek4に相当数のスナップを受けて、ロスターに残れず、というのが規定路線だったように思います。

デッカーといえば、DEN時代によくパスを決められた、という印象がありますね。なにはともあれ、お疲れ様でした。

それなりのWRを獲得するにしても、それ相応の対価が必要になります。来シーズン、Patsの2大スターであるQBブレイディ、TEグロンクともに来シーズン後に契約が切れることを考えれば、上位のドラフト指名権は失いたくないはず。そうなると、人的トレードということになります。

対象になるのは、今シーズン後に契約が切れて、実践経験に富んだ選手ということになるでしょう。DTマルコム・ブラウン、DEトレ・フラワーズ、DTヴィンセント・ヴァレンタインあたりがトレードの対象者になるのかもしれません。

なお、PatsはSエディー・プレザントもリリースするようです。




スポンサードリンク