一応結果は、Pats 25 - 14 CAR。

前半は、Pats 3 - 9 CAR。前半は、レギュラーシーズンか、と思ってしまうほどの熱戦でした。特にCAR D#が。

ということで、前半を観た感想を。

とにもかくにもWRエデルマンが開幕4ゲーム出られないという現実。ゲームを観ていて、くっそ~、エデルマン出られないか~、と臍を噛んでいました。

3rdダウンのスクリーンパスでしっかりとダウンを更新してくれるあたりが、エデルマンの良さですね。そういった意味では、ドーセットも良いプレーを見せていました。

1stチームで出ていたWRは、エデルマン、ホーガン、ドーセット、パターソン。それにマッキャロンも。ルーシエンがロスターに残ると予想しましたが、難しいですかね。

そういえば、マッキャロンとパターソンがダブルでパントリターナーにつくプレーがありました。この2人でリバースプレーなどもできれば面白いですね。

TEグロンクはプレシーズン初出場。プレーにはほとんど絡まず、これまでプレシーズンに出場していなかった影響があるのでしょうか。ただ、ベテランですし、開幕時にはQBブレイディからのパスをとってくれることでしょう。

RBはヒルとギリズリーが交互にスナップ。ギリズリーは15ydsランもあり、TDも決めているあたり、ロスターに残りそうですね。そうなるとボールデンをリリースすることになるのでしょうか。

RTウェドルがつまらないパーソナルペナルティーを取られた後、代わりを務めたのがウルリック・ジョン。無難に大役を務めています。わざわざドラフト直前に契約した選手であることから、ある程度の期待があったのでしょうか。キャノンのケガの回復状況次第ですが、クロストンに代わって、又はクロストンとともに、ロスター入りするかもしれません。

ウィル・タイを試しましたが、パスキャッチできませんでした。いいところを見せられず、ロスター入りは難しいでしょうね。

D#はというと、ギルモアが相変わらずピリッとしません。パスを通されまくりです。ただ、TDパスを防いだのはサスガですね。これはロウにもいえます。

ジェイソン・マコウティーはFSを試されたり。CBとしては主に2ndチームで登場。はてさて、ロスター入りはあるのでしょうか。

ただ、キャンプで目立っていたJ.C.ジャクソン、ライアン・ルイスは1stで参加できず。両ワイドはギルモアとロウ、スロットがクロッセンかJoジョーンズという状況です。ドーソンもまたスロットCBですし、ギルモア、ロウの控えとなると、上2人かマコウティー、はたまたCyジョーンズということになります。ただ、彼らは、プレWeek3では、ほとんど2ndチームでの参加。どうなるのでしょうか。

LBは、ロバーツよりもベントリーの方が多くのスナップに参加。ベントリーはサイズもあります。序列的には、ハイタワー、ヴァン・ノイ、ベントリー、ロバーツ、グリスビー、マーキス・フラワーズ。フラワーズは2ndチームでの参加でしたし、ロスターに残れるか微妙になってきました。

DEリバースとDTヴァレンタインは2ndでの参加。DEケイオンタ・デービスはスターターとして参加。ただ、あまり効果的ではありませんでした。DTアダム・バトラーは時折、素晴らしい突破力を見せていました。

巷の評価では、PatsのD#について悲観論が漂っています。確かに、セカンダリーは昨シーズンからのヴァージョン・アップが見られないですからね。ただ、DLとLBは良いようにみえるので、ランD#は向上しているかと。パスD#、特にロングパス、TDパスをいかに抑えられるかにかかっていると思います。その意味では、プレWeek3の1stのD#はTDを許さなかったのですから、評価ができると思います。

あと、最後に。CARの選手たちは士気が高いし、D#が堅実ですし、O#もタレントが揃っていますので、昨シーズンと同様の成績をおさめるような気がしますね。SBでの再戦を楽しみに待ちます。


スポンサードリンク