Patsは、今シーズン終了後に契約が切れるRBジェームス・デヴェリン、LSジョー・カルドナとそれぞれ契約を延長しました。

デヴェリンは2年3.8M、0.6Mのサインボーナスということらしいです。前回の契約延長では2年2.45Mだったので、Patsとしてはデヴェリンはなくてはならない存在と認識しているのでしょう。

カルドナは4年延長。SBではミスすることもありましたが、それでも安定したパフォーマンスを見せています。

さて、Patsとしてはトレーニングキャンプがはじまる前に、来シーズンオフに契約が切れる選手と契約延長を目論むのでしょう。

古参で契約延長が有力なのは、RGメイソン、Kゴスコウスキー、DEフラワーズ、DTブラウン、WRホーガン、CBロウ、Pアレンあたりでしょう。

ただ、アレンはRFAのボヨルケスとロスター争いをしていますし、ロウもまた若手CBの台頭でどうなるかわかりません。場合によっては、シーズン途中でトレードなんてこともあり得ます。

メイソン、ゴスコウスキー、フラワーズ、ブラウンは金額的に折り合うかどうかでしょう。

OLは高騰気味だし、DALのGマーティンが6年84Mの巨額契約をしたところをみると、メイソンはFA市場に出るのでしょうね。残りの3人も然り。

望みがあるとすれば、ホーガンですかね。他チームがどれだけ来年30歳になるホーガンに興味をもつか、というのもありますが。ただ、アメンドーラの例もあります。

こう考えると、早々にデヴェリン、カルドナと契約延長をできたのは良かったですね。

ちなみに、来シーズン末まで契約が残っているTEグロンクを今シーズン中にトレードに出すというのは、今までの例からみても考え難いですね。理由がないですから。


スポンサードリンク