アマゾンプライムで配信されている「All or Nothing」ですが、現在ミシガン大学編が配信されています。

ミシガン大学のHCはジム・ハーボー。元SFのHCですね。

ハーボー自身もミシガン大学出身。そして、ミシガン大学といえば、われらがQBトム・ブレイディの母校ですね。

大学のある場所は有り体にいえば田舎。そうか、ここで東海岸から移ってきたブレイディはフットボールに打ち込んだのか、と思ってしまいました。

ハーボーはとにかくアツイ。ハングリーになれ、といえばいいものを、ダークサイドが必要、というのはどうかなぁ、と思ったりもしますが、まぁ情熱溢れるコーチングですね。50代半ばとはとても思えません。

そのハーボーですが、PatsのHCビル・ベリチックの言葉を引用しています。

曰く、選手を選別するのはコーチではない、選手自身だ、と。だから、激しく競争しろ、といっています。

第1話ではフロリダ大学とのゲームの模様が描かれています。

ミシガン大学のQBウィルトン・スペイトのパスをPick6したフロリダ大学のCBは誰有ろう、デューク・ドーソン。そう、Patsのドラフト2巡のドーソンです。思わぬところで出会しました。

このゲームをみていると、本当にQBはメンタルが大事なんだなぁと思います。ミシガン大のQBはメンタルがとにかく弱い。肝が据わっているARIに指名されたジョシュ・ローゼンぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。

まだ1話しかみていませんが、これからみていこうと思います。

■ ■ ■

リリースされたOTアントニオ・ガルシアですが、ウェーバーにかけられてNYJがクレーム。新天地での活躍に注目です。

現在、NBAでは各カンファレンスのファイナルが行われています。Patsと同じくボストンをホームとするボストン・セルティックスはクリーブランド・キャバリアーズと対戦しています。

ゲームをみていると、TOのときにカメラが有名人をとらえるのですが、その中にロバート・クラフト・オーナーの姿がありました。VIP席などではなく、普通に観客席に座っています。

この人は本当にスポーツ観戦が好きなんですね。

セルティックスのゲームをみていて、誰かPatsの選手がみにきていないか探すというのも楽しいです。


スポンサードリンク