ドラフトまで1週間を切りました。

そんな折、Patsはex-GBのOTウルリック・ジョンと契約したようです。

ジョンは2014ドラフトでINDに7巡でピックされた後、MIA、ARI、GBと転々としています。主に控えですね。

ドラフト前の契約。OTはニーズという意思表示か、それとも煙幕か。こればかりはわかりません。

■ ■ ■

さて、今日の本題。

QBのピックは、1巡23位で、という予想を立てました。

では、誰を?、となるのですが、何度もいうように、私はカレッジフットボールを観ていないので、誰がいいのかはわかりません。

漠然とですが、コンバインやシニアボウルのハイライトを観た限りでは、カイル・ロウレッタがいいのかな、と思っていました。

ただ、ポケットパサーであればブレイディと比較されるでしょうし、ブレイディを上回るのは至難の業です。そうであれば、ブレイディと違うタイプがいいのかな、と。

あと、昨シーズンを振り返って、衝撃を受けたのは、HOUのQBデショーン・ワトソン。彼みたいなタイプがPatsは苦手ですし、魅力にも感じるのではないでしょうか。機動力やVersalityを求めるHCベリチックの哲学にも合っているような気がします。

ということで、1巡23位で狙うならば、QBラマー・ジャクソンがいいのではないかなぁ、と思っていたところに、Patsがジャクソンの訪問を受けたようです。

ショートパスの精度はわかりませんが、1年はブレイディの控えで勉強できますし、確実にパスを通すようにコーチングできれば、かなり有望なのではないでしょうか。ハイライト画像を観る限り、クイックリリースですしね。



ケガがコワイので、走るのは3rdダウンショートの場面だけにして欲しいですが。


スポンサードリンク