昨日、FA・トレードのin-outを書いたばかりですが、案の定というべきか、Patsはウェドル、フラワーズと再契約しました。契約期間はそれぞれ1年です。

その前に、ST/WRスレイターとも契約。こちらは2年契約となります。

ウェドルはLTに入るだろうと予想されていますが、どうでしょうね。1年契約のウェドルにLTを任せるでしょうか。

これで今年UFAになってどこのチームとも契約していないのは、LBハリソン、DTジャン・フランソワ、OTフレミングの3人のみとなりました。

フレミングはDALを訪れています。

ウェドルもDALを訪れていましたが、ウェドルがPatsと1年契約でサインしたということは、DALもまた1年契約を提示したのでしょうね。それならば、古巣のPatsへ、となったのかもしれません。

フレミングについては、ドラフトで指名した選手ですし、Patsが再契約するとすれば長期契約を目論んでいると思います。DALがフレミングにどういう提示をしたのかわかりませんが、ウェドルと同じような内容で、あんまり魅力的なものではなかった可能性があります。1年契約かその程度なのでしょう。

単年としては少なくとも複数年で総額が大きくなるようであれば、慣れ親しんだ古巣ですし、フレミングはPatsを選ぶ可能性は十分にあります。

以上はあくまで憶測ですが、Patsがフレミングと再契約する可能性はあるのかな、と思っています。

ただ、今年は、ドラフトで戦力を増強しようとしているのは、これまでドラフトピックを失うようなトレードをしていないことから明らかです。


スポンサードリンク