RBディオン・ルイスとCBマルコム・バトラーがTENへ。

WRダニー・アメンドーラはMIAへ。

ルイスが4年23.4M(11.5M保証)、バトラーが5年61M(30M保証)、アメンドーラが2年12M(8.25M保証)。Congratulation! Patsには到底払える額ではなく、素直におめでとう、といいたいですね。Patsと安く契約して、活躍して価値を高めた上で、他のチームと高額契約を結ぶ。それでいいのではないでしょうか。

TENは、昨年のローガン・ライアンといい、着々と戦力を整えていますね。POに出たことで、やり方は間違っていない、という確証を得たのでしょうか。実際、間違っていないと思いますし。常勝チームの選手を集めて、チーム内に常勝ムードを醸し出すというのは、戦略的に大いにアリですよね。特に新米HCですから、選手の方から底上げするのは大正解だと思います。

MIAは、正直、けっこうなギャンブルだと思います。スキームに合うと判断したのでしょうか。こればっかりはシーズンに入ってみないとわかりませんね。

一方で、Patsは、STで活躍したSネイト・エブナーと2年契約をするらしいです。ボールデン、キングとSTで活躍した選手の引き留めに成功しています。これは喜ばしいですね。チームキャプテンでもあるマシュー・スレイターはどうなるでしょうか。

RBといえば、BALのRBダニー・ウッドヘッド(33歳)がリリースされたとか。NYGのRBシェーン・ベリーン(28歳)もUFAになりますし、どちらかがPatsに戻ってきてもおかしくないですね。あとは、パワータイプのRBをドラフトでピックしてくれれば、陣容は揃うような気がします。

昨日記事にしたLTネイト・ソルダーについては動きが無し。CLEが狙っているという話も。キャップ・スペースが豊富なCLEに狙われたら、どうしようもないですね。諦めムードかもしれません。


スポンサードリンク