NFLは14日の新年度&FA解禁を控えて、タンパリング期間に入っています。

各チームの契約状況をみると、D#の大物をリリース、OLとは再契約&トレードで獲得、という流れになっているように思います。

Patsは、ソルダー、ウェドル、フレミングというOTの面々がUFAになります。

チームがこれらの選手に対してどのように評価しているのか、今のところはわかりません。

個人的には、ウェドルとフレミングは年2Mほどだと思っています。先発ならともかく、控えですからね。

ただ、それも、ソルダー次第。ソルダーについては、DENとHOUが興味をもっているという噂が。このうち、HOUはキャップ・スペースに余裕があり、OLの立て直しが急務、さらにHCがPatsのOCを務めたことのあるビル・オブライエン。行くとしたらHOUかなぁ、と思っています。

一方で、Patsに慣れ親しんだソルダーが他のチームでモチベーションを保つことができるか。家族のことも考えて、移籍するのを良しとするか。決断には、精神的な部分が大半を占めるような気がします。

噂では、昨年のドンタ・ハイタワーのような感じになるのでは、といわれています。要は、Patsとの交渉のために、他チームに出向いて自身の市場価値を確かめて、けっきょくはPatsと再契約する、というパターンです。その前のエデルマンもそうだしたね。

他チームからすれば、一刻を争う貴重な時間を浪費するだけになるので、たまったものではありません。ただ、ビジネスだから致し方なし、ですけれどね。

ただ、Patsとしても、ソルダーの態度次第では、ウェドルかフレミングと年3~4M程度の先発待遇での再契約もあり得ます。そうなると、ソルダーの部が悪くなります。

個人的には、PatsかHOUの2択だと思います。Patsの場合だと、3年、年8.5M程度になるのかなぁ、と予想。HOUや他のチームだと、4年、年10M程度にはなるのでしょう。

決まるまでにそんなに時間がかからないように思いますが、はてさて、どうなるでしょうか。


スポンサードリンク