最近のPats関連のニュースをいくつか。

WRケニー・ブリットの契約オプションを行使したということで、ブリットは2018シーズンもロスターに残る可能性が高いということです。

ただ、オプション額は安いので、シーズン開幕前にカットということもあり得るでしょう。キャンプのでき次第ですね。

一方で、DTアラン・ブランチについては契約オプションを行使せず。こちらはUFAになるとのことです。ケガの影響もあってか、2017シーズンはイマイチのデキでした。残念ですが、仕方がないですね。なお、チームは、カレブ・キダーもカットしています。

タグ付け期間が経過しましたが、PatsはUFAになるどの選手にもタグ付けせず。LTソルダー、RBルイス、CBマルコム・バトラーなどがUFAになります。ソルダーとの再契約があるのだとすれば、3/14前にまとまると思います。

パトリシアがDETに去って空席になっていたDC職ですが、どうやら2018シーズンは誰も置かないようです。LBコーチのフローレスが昇格するかと思いましたが、そうでもないようです。なお、アリゾナ州立大学のex-HCのトッド・グラハムという人がPatsのスタッフに加わるそうです。ただ、職務は不明ですね。 

コンバインでのインタビューですが、先日伝えたRB、OTに加えて、TE、QB、DL、K、WR、SSの数名にインタビューしたとか。この中にLBが含まれていないのが驚きですね。

ただ、過去3回のコンバインでインタビューしたうち、実際にドラフトされたのは1人だけだとか。ピックしたくてもできなかったというのが、本当なところだったかもしれません。ちなみに、その1人はトレ・ジャクソン。今はもういませんけれどね。

こう考えると、LBはある程度の目星はついているのでしょうか。さすがに、今回のドラフトでLBをスルーするというのは無いと思いますが、どうでしょう。

個人的には、コンバインでの成績やシニア・ボウルのハイライトを見る限りでは、QBカイル・ロウレッタが気になります。ポケット・パサーでありつつ、モビリティーもあって、どことなくブレッドソーに似ているような。ただ、ロングパスがイマイチのようで、それ故にINTが多いのだとか。4巡まで残っているようだったら、ピックするのもいいのかもしれません。


スポンサードリンク