LBデビッド・ハリスが引退を表明しました。

Patsに来てからはインアクティブが多く、正直、なかなか戦力になりませんでしたが、それでもケガ人が多いLB陣にあって控えLBとしては役割を全うしてくれたと思います。

お疲れ様でした。

一方で、TEマーテラス・ベネットは引退を撤回。このままいけば、Patsのロスターに残るのでしょう。

そして、TEグロンクが意味深なツイートを。


別の道に進むというニュアンスは無く、2018シーズンに戻ってくる、と解釈したいですね。

RBブランドン・ボールデンと、1年0.88Mで再契約。RB/STの枯渇問題に、一歩前進。朗報ですね。

ホールデンとの再契約やハリス、ベネットのアナウンスをみていると、チーム側が各選手・代理人に「来シーズン、どうする?」と聞いているのでしょうね。2018シーズンに向けて動きはじめたということでしょうか。

LTソルダーについてはどうですかね。思ったよりも、2017ドラフト3巡のOTアントニオ・ガルシアが良いのであれば、1年10Mを超えるようなソルダーとの再契約は無いのかもしれません。

その他のニュースとしては、Patsは4巡全体136位の補償指名権をゲット。

これで、ピック数は、1巡31位、2巡41又は43位、2巡63位、3巡95位、4巡136位、6巡205位の6個になりました。

1巡31位はトレードダウンして、もう少しピック数を増やしたいところですね。Patsとしてはあまりトレードに出せる選手がいませんからね。強いて挙げれば、CBロウかLBハイタワーぐらい。サプライズがあれば、の話ですが。


スポンサードリンク