今週のゲームはJAX戦。勝った方がSuper Bowl(SB)へ進みます。

今シーズンもあと2ゲームということで、ここからはダラダラとゲーム展望を書いていきたいと思います。

■ Pats O# vs JAX D#

JAXというと、やっぱりD#が強いというイメージ。ただ、完全無欠というわけではないと思います。

CB、DLはさすが一線級ですが、LBとSはそれなりに良い、という評価ではないでしょうか。

先週のPIT戦では、PITのTEマクドナルドが10/16、112Yds。レシーブ数はトップの数字です。

こうなると、期待がかかるのは、TEグロンク。そして、グロンクをカバーするのは誰になるのか、というのが肝になるでしょう。

最も良い選手となればCBラムジーということになるのでしょうが、おそらく彼はWRクックスをカバーするのでしょう。TEをカバーできるのかもわからないですしね。仮にグロンクをカバーできないのだとすれば、D#全体が瓦解しかねません。

そうなると、CBボイエか、LBやS、またはLBとSのダブルカバーということになるのでしょう。

LBのうち、マイルズ・ジャックは対パサーレイティングが115.3だそうです。また、TEをカバーしたときは138.9。アスリートなんでしょうけれど、パスカバーはイマイチなようです。

グロンクを止める答えを出したのは、Week17のNYJ。こちらでも書いたとおり、NYJのLBとSの連携で完全に封じ込められました。JAXは同じことができるか。これがポイントになりそうです。

グロンクがカバーされ、ラムジーとボイエにWRクックスとWRホーガンがカバーされると、WRアメンドーラ、RB陣の出番ということになります。このゲームでも、アメンドーラ、ルイス、ホワイト、復帰するようであればバークヘッドの活躍が期待されます。

■ ■ ■

Divisional Rd勝利後のロッカールームの様子。


勝利に沸く姿は、いつ見てもいいものですね。


スポンサードリンク