■ ケガ人 

Cアンドリュース、RTキャノン、WRホーガンはOUT。TEベネットがDOUBTFUL。QUESTIONABLEは、WRアメンドーラ、DTブラウン、SSチャン、CBロウ、WRスレイターです。

インアクティブは、先週と同じく、アンドリュース、キャノン、ホーガンに加えて、スレイター、ロウ、RBギリスリー、ブラウンでしょうか。ベネットがインアクティブであれば、ブラウンがロスターに復帰するのかもしれません。

MIAはQBカトラーがOUTです。

■Pats O# vs MIA D# 

MIAのD#は、シーズンを通しての喪失Yds数がAve.339Ydsですが、ここ3ゲームではAve.416YdsでNFL最下位。ランD#、パスD#、どちらかが悪いというわけではありません。どちらとも悪いということになります。

こういうMIA D#の状況ですから、Pats O#はYdsは稼げると思います。

OLは、本来のRTキャノン、Cアンドリュースが欠場しますが、先週のゲームをみる限り、大きく低下することもなさそうです。

問題は、RZ O#ですね。最近は改善傾向にあるとはいえ、決めきれない場面はまだまだあります。

バイ明け、そしてベネットが復帰してからのPats O#は好調ですが、今回はベネットが出るとしても、スナップ数はかなり制限があると思います。その中で、好調を維持できるかどうかですね。

とはいえ、ホームですし、油断さえなければ、Pats O#が機能しない、なんてことはないと思います。

■Pats D# vs MIA O# 

MIAのQBはカトラーがOUTということで、控えQBのムーアになりそうです。

MIAのO#は、D#と違って、シーズン当初よりも随分と改善しています。シーズンAveでは292.3YdsでNFL30位ですが、ここ3ゲームではAve.385.3YdsでNFL7位。

改善しているのはパスO#。パス1回あたりのYdsが伸びています。

WRランドリー、WRスティルス、WRパーカーのトリオは相変わらず強力で、これにTEジュリアス・トーマスが加わります。

この4人をシャット・ダウンするのは至難の業ですね。

WRにはCBギルモア、CBバトラー、CBジョナサン・ジョーンズが付いて、トーマスにはチャンかFSマコウティーがカバーするのでしょうか。チャンのケガの回復具合が気になるところです。

トーマスにはレシーブを許しても、WRへのパスは止めたいところですね。爆発力のあるスティルス、ランドリーは要注意です。

楽しみは、今週契約したDEエリック・リーによりパスラッシュが改善するか否か。リー自身というより、リーが加わることで、DEトレ・フラワーズの負担が減るかもしれません。注目です。

なんだかんだといってもパスD#は改善しているのでいいのですが、その分ランD#が心配です。最近でも、相手チームにゴリゴリと進まれています。

DL、LBによって、どれだけランが止まるか。こちらも注目です。

■ST 

STは先週も良くて、問題無し。

今週も、しっかりと相手のリターンをカバーすることを期待します。

■スコア予想 

スコア予想は、 

Pats 44 - MIA 10

DEN戦、OAK戦でのパフォーマンスがあれば、快勝できると思います。


スポンサードリンク