Week2のPats以外のゲームを少し。

基本的に、NFLのゲームはGamePassで視聴しています。

Patsのゲームはフルで2度みているのですが、その他のゲームはコンデンスモードで互いのO#を2シリーズ、点差が開いてなければ4Qをみるようにしています。なので、その他のゲームについては、2Qと3Qは基本みていません。

あとは、気になるチーム(ex-Patsのいるチーム)の、ゲーム後のスタッツを確認しているぐらいですね。

そういった中、INDのQBブリセットは、先発して、20/37、216yds、INTという成績。WRヒルトン、WRモンクリフに思いきって投げられるようになれば、もう少し成績は伸びるように思います。

ゲームはOTで自身のINTにより負けましたが、リードする展開をつくったのは立派。次も先発するようですね。2年目で、3rdQBだったことを考えれば素晴らしいですね。

そういえば、2月に書いた記事で、「ブリセットをトレードに出して、今年のドラフトでQBをピックする」という戦略もあり得ると書きました。ドラフトでQBこそピックしませんでしたが、代償としてWRドーセットを得ました。ブリセットに対する見立てはそれほど的外れではなかったようです。

そして、何度もいって恐縮ですが、ブリセットが活躍するほどに、相対的にQBガロポロの評価はあがるでしょう。来オフの争奪戦が楽しみです。

ex-Patsでいうと、PHIのRBブロントはまさかのゼロキャリー。やはりPHIのスキームにあっていないのでしょうか。これは三度、Patsに戻るフラグでしょうか。RBギリスリーはアウトサイドを走らされているぐらいですからね。

GBのTEベネットは、5/11、47yds。このゲームは前半を通してみていたのですが、要所でのベネットの落球が目立ちました。どうした、ベネット。QBロジャースとの息がまだ合っていないのでしょうか。

それにしても、ATLは強いですね。OLが、Cアレックス・マックを中心としてまとまっている感じです。WRフリオ・ジョーンズは相変わらず化け物だし。SBは、昨シーズンと同じカードになるでしょうか。

そして、AFC西の強さ。

KC、DEN、OAKは言わずもがな、LACだってキッカーがまともであれば勝ちを拾っているはず。DENがDALに完勝したのには驚きました。勝因はRBエリオットを抑え込んだことにあるようですが、QBプレスコットの評価はどうなのでしょうか。

AFC西はぜひとも、地区内で勝ち負けを繰り返して欲しいです。Patsにとっては、バイウィークを挟んでの、LAC、DEN、OAKとの3連戦が重要になります。特に、昨シーズンでもバイウィーク明けのSEA戦に負けているので、DEN戦がなによりのカギになりそうです。

PatsがいるAFC東はといえば、NYJとBUFが負けて、MIAが勝ち。BUFは守りが堅いですね。D#が良く、ランを出すという、SEAタイプですね。Patsが苦手とするタイプです。MIAはQBカトラーがよりフィットすれば、WR/RB/TEが揃っているだけに、こちらも脅威になります。

見渡すと、ベテランがまだ試運転のようなチームが多いような気がします。その分、若手の活躍が目立つでしょうか。この傾向はWeek4あたりまで続くのかもしれませんね。

スポンサードリンク