Patsは、ブロンコスでセンターとして活躍したジェームス・フレンツを獲得しました。

代わりに、クリス・バーカーをリリースしました。

フレンツは5月10日にブロンコスにリリースされたばかりであることを考えると、PatsもまたC/Gはまだまだ層が薄いと考えているのでしょうか。

ゲーム出場経験も豊富ですし、良いバックアップを獲得できたと思います。

ルーキーFAのTEサム・コットンを獲得。人数調整か、はたまたレンゲル、オショネッシー、ホリスターでは足りないか。興味のあるところです。

今年のドラ4DEワイズと無事契約。今年ドラフトされた4人の中では初めてのサインでしょうか(追記 ドラ6OLコナー・マクダーモットがすでにサインしていました)。

■ ■ ■

別の記事にしようとしましたが、忘れそうなので、こちらで。DEコニー・イーリーのコメントについてです。

Patsとパンサーズとでは全然違うということです。

Patsは軍隊のようだといっています。

そして、イーリーの父親は軍人らしく、そこで育った彼にしてみれば、Patsのシステムや文化が自分に合っているのだとか。

深読みすれば、パンサーズは自由な気風だったんでしょうか。パンサーズについてあまり触れていないところをみると、イーリーとしてはあまり合っていなかったのかもしれませんね。

両EDGEに、イーリーとフラワーズ。そして、ドラフトの2人。

Patsのパスラッシュ問題が解決するのでしょうか。楽しみです。
スポンサードリンク