Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

2018年10月

Week 7 @ CHI - Review -

キックリターンTD、パントブロックTD。

それでも、やっとの1TDの勝利。

Pats 38 - 31 CHI

素直に喜べないのはもう一つ。

RBミシェルのケガ。開始早々、ランでのロングゲインがあったり、RACで1stダウンを更新したり。ミシェルが元気だったなら、もう少しO#は楽に進めたはず。残念。

ケガの容態は不明ながらも、良くて数ゲームの離脱、悪くてシーズンエンドでしょう。うーん。

一方で、WRゴードンがロング55Ydsを含む、4回100Yds。ブレイディとの連携がもう少し良くなれば、今シーズン1000Ydsも夢じゃないかも。

D#は、ハワード、コーエンのRBコンビを抑えるも、QBトラビスキーに81Yds走られる。これはなんとかしたかったところ。

パスは333Ydsとられるも、これは最後のWRホワイトへの54Ydsを含むものなので、仕方無し。QBトラビスキーのレイティングは69.8。よく抑えました。

RZで2回ほど、INTを損しました。LBロバーツは仕方がないにしても、CBギルモアはとるべきだったでしょう。

JoジョーンズのINTは素晴らしかった。あれをキャッチできるなんて、どうして?!、と思うようなプレーでした。TDを許したプレーは、どうでしょう、TEバートンに押されたような気もします。

J.C.ジャクソンは、とりあえずルールを覚えましょう。INTというか、ボールへの嗅覚は良いものがあります。

DLはよくプレッシャーをかけてたし、LBもよくタックルをしていたし、DBもよくカバーしていたと思う。D#は、ランキングどおりで、良くもなければ悪くもない、という評価でしょうか。

それにしても、ミシェルのケガは大きい。シーズン開始直後は、どうなの?!と思っていた選手が、こうも喪失感を与えてくれるとは。

RBの補充が急務になりました。トレード期限も迫っていますし、これからHCベリチックは動くのでしょうね。


Week 7 @ CHI - Preview -

RTキャノンに加えて、TEグロンクがゲームに出ない可能性が高いですね。

TEホリスターの活躍に期待でしょうか。

CHIの印象は、ランO#が強くて、ランD#が素晴らしいチームという感じでしょうか。

RBハワードとRBコーエンのワン・ツー・パンチが厄介ですね。

ランD#の強いチーム相手に、OLのブロッキングだけではなく、個人技が求められるRBミシェルはうまく走られるか。ミシェルの元チームメートであるRBチャブも、CLEがRBハイドを放出してスナップ機会が増えると思うので、この2人の活躍の比較も楽しみです。

予想は、

Pats 28 - 17 CHI

アウェイといえど、負けられないゲームです。

PCの交換作業があるので、今日はここまで。Macと違って、Winはメンドーです。


Week 7 @ CHI - Injury Report -

案の定、RTキャノン(Concussion)はDNP。

Patsが先週のゲームで脳震盪を受けて退場した選手を今週のゲームで使うことはないでしょう。

RTはウェドルが務めることになりそうです。

LPは、DTブラウン(Knee)、WRエデルマン(Heel)、WRゴードン(Hamstring)、DEグリッソム(Ankle)、TEグロンク(Ankle)、TEホリスター(Hamstring)、RBミシェル(Knee)、CBロウ(Groin)、DEサイモン(Shoulder)、DEワイズ(Ankle/Knee)と多数。

気になるのはブラウンの状態でしょうか。あとはゲームに参加できるような気がします。

ケガで苦しんでいるチームが多い中、Patsの選手たちは比較的ヘルシーでしょうか。

対するベアーズは、OLBマック(Ankle)がDNP。先週のゲームでも調子が良くなかったようなので、今週ゲームに出場するとしても万全ではないのでしょう。これはこれで残念です。

■ ■ ■

先週のKC戦後のロッカールームの映像。心なしか、スレイターの表情は冴えないような。初めだけでしたけれど。掛け声は、良くなろう、信じよう。




■ ■ ■

現地17日はNBAボストン・セルティックスのホームでの開幕ゲーム。

Suspend中にセルティックスの施設を使わせてもらっていたというこの男も観戦。何度かカメラに写っていました。


そして、アービングとユニフォームを交換。エデルマンがケガした際には、アービングが来てください。



今年もセルティックスは強そうです。同じカンファレンスのキャバリアーズはレブロンが抜けたので、セルティックスがファイナルの筆頭候補。

MLBもレッドソックスが強いし、ボストンの人たちは年がら年中強いチームを応援できますね。

ちなみに、NBAはアンソニー・デービスのいるペリカンズのファンです。


Week 6 vs KC - Review -

いやぁ、KCは強い。

というか、QBマホームズを見出したHCリードの選手眼はスゴイ。

最後の攻撃の番がPatsであり、ホームだったから、勝てたようなもの。

結果は、

Pats 43 - 40 KC

CBジョナサンとFSデビンがWRヒルにいいようにやられ、CBジェイソンとFSハーモンによるRBハントの受け渡しがうまくいかずに一発TD。

さらに、キッキングゲームの悪さ。シーズン開始当初からのことだけど、リターンゲームが芳しくない。

QBブレイディはファンブルにINT未遂。WRゴードンへのパスはショート気味。ゴードンのスピードを見誤っているのだろうか。バックショルダーパスを期待していたけれどもね。というか、ゴードンは手が震えていたけれども、脳震盪ではなかったのだろうか。心配。

RTキャノンもおそらく脳震盪で途中退場。こちらも心配。

良かったのは、ランO#。RBミシェルが24回、106Yds、Ave.4.4Yds。しかも、3rdダウンショートをしっかりと更新してくれる。ホームランは少ないかもしれないけれど、10Yds超えのヒットはコンスタントに出してくれる。パスへの参加がこれからの課題。

勝てた上に、粗が見つかって良かったのでしょうか。

ロッカールームの映像が楽しみです。選手は喜んでいるのか、反省しているのか。

この後はアウェーが2ゲーム続きます。苛烈なシーズン中盤に突入します。


Pats-KC比較(パスO#)

いよいよ今週は、現在AFC最強のKCとの対戦です。

最強といえど、Patsにとってはホームでの対戦なので、負けるわけにはいきません。

KCといえば、O#は至高、D#はザル、というイメージがありますが、果たしてどうでしょうか。

今回はパッシングO#に注目して、両チームを比較してみました。

Pats(ブレイディ) KC(マホームズ)
パス成功率(NFL順位) 67.6% (10) 63.6% (20)
パスTD率 75.0% (7) 63.6% (18)
QBサック率 3.2% (1) 3.3% (2)
パスプレー率 57.5% (20) 57.2% (22)
パス1stダウン率 60.0% (17) 59.0% (20)

いずれもPatsの方が上回っています。Patsに都合の良いデータをとってきた、といわれれば、そのとおりですが。

Patsの方が上回っているというよりも、両者に大差はない、といった方がよいのかもしれませんね。もって、KCのO#を過剰におそれる必要はない、といえるのかもしれません。

QBマホームズについていえば、ここ2ゲームは、1TD、2INTと、失速感があります。各チーム、対策がとれてきたのでしょう。

これはパスTD率やパス1stダウン率にも表れています。特に、RZ O#が難しくなってきているのかもしれません。

ここ2ゲームで、Pats O#の何がいいのかというと、それはOLでしょう。パスプロがもって、ランブロッキングができている。最近2ゲームで、サック数はゼロです。

RTキャノンが復調して、LTブラウンを含めて、OLの連携がうまくいっているのが良いのかもしれません。

そして、ランが出ている。Week 5はランの回数が少なかったのでランYdsは伸びませんでしたが、Week 4はトータルで175Yds。Week 4とWeek 5でランの平均Ydsに大差はありません(4.4と4.2)。

今のPatsのO#は、ランを止めなければ止められない、というような状況です。

これはKCにもいえることで、マホームズに目がいきがちですが、まずはラン(RBカリーム・ハント)を止めることが重要になるでしょう。

マホームズのスクランブルは、ある程度は許しても、ハントのランはしっかりと止めたいところです。


Pats/NFL本






スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
10 WR Josh Gordon
11 WR Julian Edelman
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 DB Duron Harmon
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
26 RB Sony Michel
27 DB J.C. Jackson
28 RB James White
30 CB Jason McCourty
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
34 RB Rex Burkhead
35 DB Keion Crossen
36 LB Brandon King
41 CB Cyrus Jones
43 DB Nate Ebner
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
51 LB Ja'Whaun Bentley
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
54 LB Dont'a Hightower
58 DL Keionta Davis
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 OL Joe Thuney
63 OL Brian Schwenke
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 DL Danny Shelton
74 OT Cole Croston
75 OL Ted Karras
77 OL Trent Brown
83 TE Dwayne Allen
84 WR Cordarrelle Patterson
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise Jr.
93 DL Lawrence Guy
94 DE Adrian Clayborn
95 DE Derek Rivers
96 DL Geneo Grissom
98 DL Trey Flowers

(2018/09/20現在)