Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

2018年08月

DLのロスター争い

昨シーズンは不安材料だったDLですが、今年はガイ、ブラウン、シェルトン、バトラー、ヴァレンタインと充実しています。

こちらの記事によれば、ヴァレンタインはロスター残留をかなり意識しています。

A.バトラーは1stチームで出ているのに、自身は2ndチーム以降での出場ですからね。求められているのがランストップというのはわかっているので、そこについてどこまでアピールできるか、ですね。

あと、ロスターに残ると予想したDEケイオンタ・デービスについても、こちらに記事が載っています。

どうやら先のPHI戦では、D#としてチーム最多の54スナップに参加していたようです。

体重を増やして、スピードを維持しながらも、パワーを身につけたとか。体型的にはDEエイドリアン・クレイボーンに似ています。本人としては、OUTやINにこだわりはなく、求められればそのために身体をつくるとのこと。さらに、相手チームにダブルチームで対処させたい、といっています。

一時は、DLとして、300ポンド(136kg)を越えるような選手を重宝していましたが、最近は280ポンド(127kg)程度のスピードとパワーを兼ね備え、INでもOUTでも使えるような選手を増やしているような感があります。主に3rdダウン対策ですね。昨シーズンのPHIもそうでしたし、今のNFL D#の流行なのでしょう。

ヴァレンタインは2016ドラフト3巡の選手なので、契約があと2年あります。それに対して、マルコム・ブラウンは今シーズンまで。DTを5人も擁するというのはちょっと考え難いので、もしかするとブラウンのトレードはあるかもしれません。

プレシーズンWeek3はDLの序列に注目したいと思います。


53ロスター予想 take 1

現段階でのロスター予想を。

■QB(2): トム・ブレイディ、ブライアン・ホイヤー

ブレイディが今のデキなら、ダニー・エトリングの入る余地はないでしょう。

■RB(5): ジェームス・ホワイト、ジェレミー・ヒル、レックス・バークヘッド、ブランドン・ボールデン、ジェームス・デヴェリン
※IR: ソニー・ミシェル(予想)

契約があと1年だし、STやパッシング・ゲームで使えないということでマイク・ギリズリーはロスターに残れないと予想。プレシーズンで活躍したラルフ・ウェブはPSですかね。ケガが治れば、当然ミシェルはロスター入り。

■TE(3): ロブ・グロンコウスキー、ジェイコブ・ホリスター、ドウェイン・アレン

今シーズンはランO#がカギになると思うので、アレンはロスター入りするでしょう。ホリスターは抜けたアメンドーラの代わりを務めることになりそうです。ドラフト7巡のイゾーはPSでしょうか。

■WR(6):  クリス・ホーガン、フィリップ・ドーセット、コーダレル・パターソン、デビン・ルーシエン、ライリー・マッキャロン、マシュー・スレイター
※ ジュリアン・エデルマンは4ゲーム出場停止によりノーカウント

プレシーズン4戦目が終わった後にトレードがあると予想。そうでないと、ヘルシーかつO#スナップに参加しそうなWRはホーガン、ドーセット、パターソンの3名になります。ブリットとデッカーはリリースしたとしても他のチームにすぐには迎えられないでしょうから、シーズンがはじまった後に再契約することもあるでしょう。クックスとアメンドーラが去り、ミッチェッルがいない今、非常に層が薄いです。ジョーダン・マシューズのケガは大誤算でした。
エデルマン復帰の際には、ルーシエンがリリースされるでしょう。

■OL(8): トレント・ブラウン、ジョー・チューニー、デビッド・アンドリュース、シャック・メイソン、マーカス・キャノン、ラドリアン・ウェドル、コール・クロストン、テド・カラス
※IR: アイザイア・ウィン

ウィンがケガをしたとしても、ここは盤石。キャノンのケガの回復具合だけが気がかりです。あとは、マット・トービンが入るかどうかですね。

■DL(4): ローレンス・ガイ、ダニー・シェルトン、マルコム・ブラウン、アダム・バトラー

ヴィンセント・ヴァレンタインがどうかですが、プレシーズンゲームでの序列をみる限り、バトラーが今一歩リードでしょうか。

■DE(5): トレ・フラワーズ、エイドリアン・クレイボーン、デトリッチ・ワイズ、デレク・リバース、ケイオンタ・デービス

最大の惑星はデービス。フラワーズ、クレイボーンの2枚看板に、ワイズ、リバース、デービスのさらなる成長が見込めれば、今シーズンのパスラッシュは期待できるかもしれません。

■LB(6): ドンタ・ハイタワー、カイル・ヴァン・ノイ、エランドン・ロバーツ、ジャワン・ベントリー、マーキス・フラワーズ、ニコラス・グリズビー

STとしても期待できるドラフト6巡のクリスチャン・サムが入るかどうかですね。サムが入るようであれば、グリズビーがリリースか。

■CB(6): ステフォン・ギルモア、エリック・ロウ、デューク・ドーソン、ジョナサン・ジョーンズ、ケイオン・クロッセン、J.C.ジャクソン

クロッセンとジャクソンを入れてみました。ライアン・ルイスはPSですかね。今のデキならジェイソン・マコウティーはリリースでしょうか。

■S(5): デビン・マコウティー、パトリック・チャン、デュラン・ハーモン、ネイト・エブナー、ブランドン・キング

ジョーダン・リチャーズがいよいよリリースかな、と。

■ST(3): Kスティーブン・ゴスコウスキー、Pライアン・アレン、LSジョー・カルドナ

盤石。PボホルケスはPSでしょうね。


OLウィンがアキレス腱断裂

プレシーズン2戦目。

OTウェドルと交代で、1stチームのRTに入っていたドラフト1巡のOLアイザイア・ウィンですが、残念ながらアキレス腱を断裂してシーズンアウトとなりました。

同じドラフト1巡のRBソニー・ミシェルも膝をケガをして復帰時期が未定。

今年のドラフト1巡の2人にはなかなか厳しいプロ1年目となりました。

また、ドラフト2巡のCBドーソンもケガでゲームに出場できない状況です。

ただ、OLにせよ、RBにせよ、CBにせよ、緊急を要する事態には至っていません。

ウィンについては、今年は控え要員の予定でした。しっかりとケガを治して、来年につなげて欲しいものです。来年はおそらくRGメイソン、LTブラウン、RTウェドルがいなくなりますからね。

DEデレック・リバースも1年目を棒に振っても今年は調子が良さそうですし、ウィンも来年に期待ですね。




プレWeek 2 vs PHI戦 -Review-

昨シーズンのSBの再戦。

ではあるものの、PatsのDLがPHIのOLを圧倒。

PatsのDLが素晴らしかったというよりも、PHIのOLは大丈夫?、という内容でした。

Patsは、O#ではTEグロンク、D#ではLBハイタワーを温存。

QBブレイディは、いつものブレイディでした。RBホワイト、WRホーガン、WRエデルマンに投げ分けます。

WRドーセットやWRパターソンへのパスもありましたが、上3人と比べると今ひとつですね。TEホリスターへのパスもあって、こちらは期待がもてるものでした。

新加入のWRデッカーは後半に出場。ドロップのオンパレードでした。ロスターに残るのは厳しいでしょうか。デズ・ブライアントのPats入り。この線は無いのでしょうか。

それにしても、ドラ7巡のCBケイオン・クロッセンが面白いですね。

D#でもSTでも、常に全力を出し、自身を鼓舞し、ミスすれば悔しがる。キャラクターがいいですね。これまでのPatsにはいないタイプ。

PIFやらホールディングやら、ペナルティーしまくりでしたが、チームは前半・後半を通してずっと彼を使い続けました。おかげで、チーム最多のタックル数。

PIFは褒められたものではありませんが、それでも競り合いの中でのものであり、スコーンと抜かれることはなかったです。一発TDをとられていたCyジョーンズや現SEAのコールマンに比べれば全然マシですね。なんとかロスターに残って欲しいです。

今回のD#のデキは半信半疑ですが、それでも1stチームに入っていたDEケイオンタ・デービスはサプライズ。彼も前半・後半を通して出場して、チーム最多の1.5サックを決めています。同じ2年目のデレック・リバース、ワイズとともに面白い存在ですね。

このゲームではリバースの外側にDEクレイボーンがついたり、その逆にクレイボーンの外にリバースがついたりと、いろいろと試していました。インサイドではルーキーのLBベントリーがいいラッシュを見せていました。タックルが甘めのハイタワーといった感じです。

次戦もD#については引き続き注目したいと思います。


QBブレイディのインセンティブ

少し前の話になりますが、トム・ブレイディのインセンティブ・ボーナスの詳細が明らかにされました。

内容としては、以下を達成する度に1Mボーナスとなります。

*パッサーレイティングがTop5(2017シーズンは3位)
*パス成功率がTop5(同5位)
*回数あたりのヤードがTop5(同4位)
*TDバスがTop5(同3位)
*パスヤード数がTop5(同1位)

5Mボーナスを稼ぎたければ、MVPをとれ、という内容ですね。

普通で考えれば、パワハラレベルの要求。これをガロポロ、カズンズ、カーらの高給QBに課すことができますか?!、という内容です。

2018シーズンのサラリーは22Mなので、MVP級の活躍をしてはじめて27Mを得ることができるという。

逆にいうと、MVPをとるQBのサラリーは27MというNFLの規範になるでしょうか。

目の前にニンジンをぶらさげるような給与設定はどうなんでしょう。ブレイディやグロンクのようなベテランならばアリなのでしょうか。

PatsがブレイディにMVP級の活躍を求めているのか、お金を上げるための口実なのか。どちらもでしょうね。


Pats/NFL本






スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
10 WR Josh Gordon
11 WR Julian Edelman
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 DB Duron Harmon
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
26 RB Sony Michel
27 DB J.C. Jackson
28 RB James White
30 CB Jason McCourty
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
34 RB Rex Burkhead
35 DB Keion Crossen
36 LB Brandon King
41 CB Cyrus Jones
43 DB Nate Ebner
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
51 LB Ja'Whaun Bentley
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
54 LB Dont'a Hightower
58 DL Keionta Davis
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 OL Joe Thuney
63 OL Brian Schwenke
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 DL Danny Shelton
74 OT Cole Croston
75 OL Ted Karras
77 OL Trent Brown
83 TE Dwayne Allen
84 WR Cordarrelle Patterson
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise Jr.
93 DL Lawrence Guy
94 DE Adrian Clayborn
95 DE Derek Rivers
96 DL Geneo Grissom
98 DL Trey Flowers

(2018/09/20現在)