Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

2018年02月

SB LIIスナップ数にみる回顧&課題 - LB -

SB LIIのスナップ数から、2017シーズンはどうだった、2018シーズンはこうして欲しい、ということをつらつらと書いていきたいと思います。

まずは、最も問題があると思われるLBから。

===

#53 カイル・ヴァン・ノイ 26歳 
SB LII:75/75
2017シーズン:13ゲーム、12スタート、58タックル、5.5サック、2PD、0FF

#92 ジェームズ・ハリソン 39歳 → UFA
SB LII:69/75
2017シーズン:1ゲーム、0スタート、3タックル、2サック、0PD、1FF

#52 エランドン・ロバーツ 23歳
SB LII:44/75
2017シーズン:15ゲーム、14スタート、45タックル、2サック、1PD、0FF

#59 マーキス・フラワーズ 25歳 → UFA
SB LII:18/75
2017シーズン:16ゲーム、2スタート、23タックル、3.5サック、1PD、1FF

#54 ドンタ・ハイタワー 27歳
SB LII:0/75 → IR
2017シーズン:5ゲーム、5スタート、12タックル、2サック、0PD、0FF

#45 デビッド・ハリス 33歳
SB LII:0/75 → インアクティブ
2017シーズン:10ゲーム、6スタート、15タックル、1.5サック、1PD、0FF

===

ヴァン・ノイはキャリアハイの成績。

ハイタワーとともに、強力デュオを形成してくれるはず、でした。

ただ、2人とも、ケガがち。

PatsのD#はニッケル・フォーメーションを多用するので、LBの2人には負担が増します。

昨シーズンまではDEニンコビッチが、ときにはDE、ときにはLBの役目を果たし、LBの負担を減らしていました。ところが、ニンコビッチのようなversatilityのある選手がいなくなって、LBの力量がモロに影響しました。シーズン当初はSSジョーダン・リチャーズに、パスカバーをメインとしたLBに仕立てようとして失敗。リチャーズについては後日に。

LBの誤算は、ハイタワーのケガというよりも、ロバーツの成長力の無さですかねぇ。チャンスは与えられていると思います。パスカバーの拙さとタックルミスの多さという、LBとしてはどうなの、というパフォーマンスですかね。なにより、シーズン最終盤に加入したハリソンにスナップ数で負けてはいけないでしょうよ。

ロバーツは2016年ドラフト6巡。活躍するかしないかにドラフト順位は関係がないというのは、QBブレイディ、WRエデルマンその他が示してきたこと。単に個人の力不足でしょうか。

モックドラフトではDTやCBの予想が多いようですが、いやいやどう考えてもLBでしょう。誰が良い、というのはわかりませんが。

2018シーズンにロスター下にあるLBは、ハイタワー、ヴァン・ノイ、ロバーツ、ハリス、ニコラス・グリズビー、ハーヴェイ・ランギー、シー・マクレリン、トレバー・レイリー。

ハリソンとフラワーズは戻ってこないと予想します。Patsが積極的に引き留めない、という意味で。

グリズビーはSTでの活躍に期待するとして、ハリスはリリースでしょうか。マクレリンはどうでしょうね。ハリスと合せてもデッド・キャップは1.5M程度ですからね。リリースされてもおかしくないでしょうか。IR明けのランギーと、どうやら契約したらしいレイリーには、STを含めてがんばってもらいたいところです。

けっきょく、現状では、ケガがちのハイタワーとヴァン・ノイ、イマイチ成長が見込めないロバーツという布陣ですから、本当に薄いですね。これでよくSBに出られたな、というのが正直なところ。

ドラフト1巡、またはトレードダウンして2巡最初のピックがLBというのは大いにあると思います。


オフシーズンのスケジュール

いや~、ピョンチャン・オリンピックは面白いですね。日本人選手、特に女性選手の活躍は目覚ましいですね。オリンピックに夢中になって、ブログの更新が遅れがちになってしまいます。

オリンピックが終わったら、NBAを観ていこうと思います。NBAの場合は、ひいきのチームを応援するというよりも、選手のポジショニングや連携に注目したいな、と。バスケをやっているので、参考にしつつ愉しもうと思います。

ちなみに、アメフトは観るスポーツ、バスケはやるスポーツ、という位置付けなんですけどね。

前置きはここまで。

■ ■ ■

オフシーズのドラフトまでの日程は以下のとおりです。

2/20 フランチャイズ/トランジション選手の指定開始

2/27-3/5 スカウティング・コンバイン

3/6 フランチャイズ/トランジション選手の指定終了

3/12-14 UFA選手との接触・交渉開始

3/14 NFL2018シーズンの開始、UFA選手との契約締結など

3/25 リーグ・ミーティング

4/16 オフシーズン・ワークアウト・プログラムの開始

4/20 RFAのオファー・シートのサイン終了

4/26-28 ドラフト

2月の間は、タグ付けとコンバインが興味のあるところですかね。

Patsとしてはタグ付けはどうでしょう。あるとすれば、LTソルダー、CBバトラーということになるのですが、キャップヒットやSB LIIのアレを考えると、ないかな。

カレッジの選手もよくわからないですし、3/14前後まではゆっくりと2017シーズンの振り返りをすることにしましょうか。


Pats News - 20180214 -

チーム公式では、LBトレバー・レイリーはフューチャー・コントラクトにサインしたとされていますが、そうではない、というニュースもあります。

レイリーの2017シーズンは、6ゲーム、1スタート。STとしても活躍していましたが、脳震盪により欠場を余儀なくされ、リリース後にPS入り。思い切りのいいタックルが売りで、来シーズンはロスター争いに加わってくれるものとばかり思っていました。今後の動向に注目です。

■ ■ ■

最近はPatsに関するゴシップネタが多かったのですが、極めつけが、Boston HeraldによるQBブレイディのOTA全休ネタ。

これは、SFのQBガロポロが高額契約を結んだことにより、同様の契約を結ばなければブレイディがオフシーズンのチーム・アクティビティーを全休することも辞さない、というものでした。

このニュースが出た後に、ブレイディはチーム、選手、ファンに対して感謝の言葉を発表。それに前後して、Boston Heraldは件の記事を削除するとともに、ブレイディに対して謝意の記事を出しました。

地元有力紙にしては拙い内容ですね。

おそらくブレイディとしては、フットボールをいつまで続けられるかが重要なのであって、金額についてはそれほど頓着があるとは思えません。ただ、他の選手にも影響が出るので、あまりにも低額で契約するのはどうかな、とは思っていることでしょう。おそらくこれは、NOのQBブリーズも同じように考えているのではないでしょうか。

ブレイディの2018シーズンのキャップヒット額は22M。これでも十分に少ないのですが、2016シーズンと2017シーズンのキャップヒット額は約14Mということを考えれば、契約延長&キャップヒット額の低減がなされるのではないでしょうか。

ちなみに、契約は2019シーズンまでなので、このシーズン後に引退という風に本人&チームが考えているのであれば、2018シーズン・2019シーズンはそのまま22Mとするのかもしれません。

ブレイディの契約延長の有無で、ブレイディの今後(&ドラフト上位でのQBのピック)についてある程度の見立てができるような気がします。

■ ■ ■

PHIのQBコーチがMINに行った後に、PHIのOCがINDのHCに就任したという。PHIとしては急転直下の出来事だったと思います。

原因は、言わずもがな、OCマクダニエルズによるINDのHC就任の撤回。

ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません、という気持ちですね。

INDとしてはO#マインドのHCがどうしても欲しかったのですね。

■ ■ ■

そのBoston Heraldですが、SB LIIの評価をしています。いまさら感もあるのですが、載せておきます。特に異論は無いという内容です。

QB:A-
RB:B-
WR:A
TE:A
OL:B

DL:D
LB:F
DB:D

ST:F

コーチング:F

■ ■ ■

ex-Patsのランディ・モスが誕生日ということで。圧巻ですね。



次の更新では、SB LIIのスナップ数からみるロスターの状況&課題について触れたいと思います。


SB LII vs PHI - Review (3) - 他

SFのQBガロポロが5年137.5Mで契約。Wow

■ ■ ■

 グレッグ・シアーノがオハイオ州立大学に留まるそうです。

チームの公式HPをみても、DCは未だ空欄。

LBコーチのフローレスが有力でしょうが、ベリチックがDCを兼ねるというのもアリでしょうか。

■ ■ ■

さて、本題。SB LIIの振り返り、O#編です(といっても、文句ばかりになるので、D#編はやらない予定です。)

QBの比較から。SB LIIのブレイディとフォールズのパス・コンプリートの結果です。
※NFL.com


  
フォールズは10ヤード内のパスは素晴らしいですが、それ以上になると不安定になります。

一方、ブレイディは素晴らしいですね。強いていえば、ミドルが今一歩だったでしょうか。その分、アウトサイドへのパスは決まっていました。それだけに、WRクックスの負傷退場は痛かったです。後半にクックスがいたならば、どれだけ楽だったか。

それでも、2人の成績だけをみれば、どっちがゲームに負けたQBかはわからないと思います。

また、みて分かるとおり、PHIのD#はミドルを守るLBとSが強力、CBが手薄だったといえそうです。一方、PatsのD#は、その逆で、CBはよく守っていたけれども、LBとSがやられていた、ということになります。またD#のグチか、というのはご容赦ください。

ブレイディのスローまでの時間は2.55秒で、シーズンAveよりも早かったようです。

505獲得YdsはSBレコード。

個人的にシーズンを通して一番良かったのはDEN戦だったと思うので、その次に良かったのはこのSBだと思います。

さすがシーズンMVPというパフォーマンスでした。

そして、OLの面々。DTコックスをはじめ、PHIのDLをよくブロックしていました。この日のサックはRGメイソンが許した1回だけ。その1回の意味合いが非常に大きかったですが。

その他のQBヒットは、RTフレミングとCアンドリュースが1回ずつ。ハリーやプレッシャーはあったものの、よく防いでいました。

特にLGチューニーとLTソルダーは素晴らしいパフォーマンスでしたね。ソルダー、どうなるでしょうか。現役を続けるのならば、3年24M(Ave.8M)ぐらいでどうでしょうか。無理かな。

レシーバー陣は、WRアメンドーラが8/11、152Yds、WRホーガンが6/8、128Yds、TEグロンクが9/15、116Yds。WRドーセットが1/2、19Ydsというのはどうかなぁ。やっぱりクックスの代わりは務まらないでしょうか。クックスは1/2、23Ydsです。激しくヒットを受けたレシーブのそれです。

このゲームではWR/TEへのパスが良く決まっていたのでRBへのパスは少なめでした。合計で3/8、67Ydsですね。

ランはというと、RBルイスが9回39Yds、RBホワイトが7回45Yds、RBバークヘッドが3回18Yds。合計でも22回113Yds(Ave.5.1Yds)と、それほど悪くはなかったですね。ファンブルリカバーされた最後のドライブ、ランとパスを織り交ぜたビクトリードライブがみたかったですね。タラレバばかりです。

グロンクは来年も戻ってくると信じて、アメンドーラはどうでるでしょうか。マクダニエルズがINDに行けば、アメンドーラとルイスをとるだろうな、と思っていたのですが、その危惧も霧散しました。アメンドーラはPats専用WRという感じはしますが、SF、OAK、MIA、PIT、LACあたりが興味をもちますかね。

RB陣はルイス、バークヘッドは今シーズン限りでしょうか。NYGからUFAになるRBベリーンを引き戻して欲しいと思います。再びブロントはアリかナシか。ボールデンとは再契約で。あとはドラフトですかね。

FAになる選手たちについては、いずれの機会に。


OCジョシュ・マクダニエルズが留任

ジョシュ・マクダニエルズがINDのHC職に就かずに、PatsのOCに留任するようです。

これはちょっと、やらかした、というイメージがつきますね。INDとしては非難轟々でしょう。ここでまた敵を作るか、といった心境です。

マット・パトリシアが去って、マクダニエルズが去る理由も無くなった、ということかもしれません。

考えられるもう一つの理由は、STCジョー・ジャッジか。彼はマクダニエルズについていかない、という報道がなされていました。マクダニエルズとしては孤立無援を危惧したのでしょうか。

予兆はあったんですよね。

DCについてはSBウィーク中にグレッグ・スキアーノの名前が挙がっていたのに、OCについては何も無し。

SBが終わっても、マクダニエルズがINDのHCになる、という発表は無し。ただでさえ、FA解禁やドラフトが迫っているのに、これは明らかにおかしい状況。

週末に発表になるのでは、といわれていましたが、現地6日になって、IND側が突然の発表。業を煮やしたのでしょう。

マクダニエルズとしては気持ちの整理をした上で、INDに詫びをいれたかったのかもしれません。でも、詫びを入れるのであれば即時、というのがビジネスの常識ですよね。この辺が、ちょっと浮世離れしています。

Patsファンとしては、マクダニエルズが留任することに、嬉しくないわけがありません。ただ、INDファンの気持ちに立てば、素直に喜べないところです。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ