Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

2018年01月

SBの対戦相手が決定

AFC Championshipの後にNFC Championshipが行われ、PHIがMINに快勝しました。

思わぬ圧勝に呆気にとられた人も多かったのではないでしょうか。

私も前半だけ観て、これはMINはPHIに勝てない、と思い、結果だけを知った次第です。

そして、ゲームで活躍したのは、RBルギャレット・ブロンにDEクリス・ロング。

昨年、PatsがSBを制覇したときのチームメイトでした。特にブロントは、経験の浅いPHIの中にあって、重宝される存在なのではないでしょうか。因果ですね。

PHIといえば、私が知っているだけで、ブロント、ロングをはじめとして、WRジェフリー、CBダービー、WRトリー・スミス、RBアジャイーと、補強したベテランがことごとく活躍しているイメージがあります。

惜しむらくは、QBがウェンツではないことぐらいですかね。もちろん、ニック・フォールズが悪いというのではなく、QBブレイディとのスーパースター対決が観たかったという、ミーハーな気持ちからくるものです。この対決は来シーズンのSBですかねぇ。


AFC Championship vs JAX - Review -

AFC頂上決戦の結果は、

Pats 24 - 20 JAX

勝てて良かったな、というゲームでした。

■ インアクティブ&ケガ人 

RBギリズリー、TEホリスター、DTブランチ、RTウェドル、WRリーディー、LBハリス、WRブリットがインアクティブでした。

先週のゲームから、RBバークヘッド、CBバーデモシ、OLクロストンがアクティブになりました。

ゲーム中にTEグロンク、RBバークヘッドがケガ。ともに脳震盪だと思われます。容態が気になるところです。SBまで2週間ありますから、なんとか回復して欲しいところですね。
 
■Pats O# vs JAX D#

QBブレイディは、26/38(68.4%)、290Yds、2TD、0INT、RT108.4。

JAXのD#は、グロンク対策、RBへのショートパス対策が万全で、Divisioanlのフィルムを穴が開くまで観たんだろうな、と思わせられました。

RBのルイスとホワイトのレシーブは、合せて10/13。この2人にはほとんどパスが決まるものの、獲得ヤードは合せて54Yds。レシーブした途端にタックルされてゲインができませんでした。

グロンクについては、1Qはターゲット回数がゼロ。2Qに入ってグロンクを使うようになりましたが、側頭部にタックルを受けて、そのまま退場。後半も戻ってきませんでした。

その分、WR陣が活躍。クックスとアメンドーラをはじめとして、ドーセットとホーガンもナイスレシーブを決めました。シーズン中にはみられなかったWRクックスをスロットに使うなどして、プレーコールに工夫もありました。

クックスをカバーしていたのは基本的にはCBボイエでしたが、CBラムジーにどうして替えなかったのかな、と思わせるほど、クックスはボイエに勝っていました。

クックスがボイエに勝ち、スロットレシーバーであるアメンドーラを止められなかったところに、勝因があったのかもしれません。

OLはサックを決められる場面があったものの、JAXの強力DLをうまくプロテクションしていたと思います。ゲーム展開もあったのですが、もう少しランを出していければなぁ、という注文はあります。

ただ、やはりJAXのD#は強力でした。2QのTDはペナルティーによるところが大きいので、1Q~3QはJAXのD#に見事に止められました。

特に、前半の3rd・4thコンバージョンは1/6。RZでもTDを奪えませんでしたからね。

そして、4Qですね。ホーム・アドヴァンテージの恩恵もあって、ブレイディが爆発。TDを2つとって逆転して、そのまま逃げ切りました。

やはり、ブレイディのここぞというときの集中力はスゴイですね。相手D#も完全に浮き足立っていました。最後のドライブ、RBルイスが1stダウンを更新したプレーも、JAXのD#はどこか動きがモッサリとしていたように感じました。追いつかれ、逆転された後も諦めないというところが、経験の差でしょうか。

RBルイスのファンブルはいただけませんでしたが、ここでミスを経験したのは、結果としては良かったのかもしれません。

■Pats D# vs JAX O# 

前半はRBグラントをはじめとするRBへのパスに翻弄されました。RS1戦目のKC戦やMIA戦でやられたパターンです。まぁ、そこを攻めるよね、という展開です。

RBフォーネットにはロングゲインを許さなかったものの、力で押し込まれました。これ、どうやって止めればいいのかな、と思ったほどです。

ところが、後半になって、PatsのD#が踏ん張ります。ランもパスも止めて、JAXのO#に思うようなプレーをさせませんでした。

というか、2Q最後のシリーズで、TOがあったのに、プレーをせず。フォーネットのランプレーを出して、3Qの繋ぎにすべきだったのではないかなぁ、と敵ながら思いました。

また、後半に入ると、DLがOLに勝って、QBボートルズにプレッシャーをかけまくります。これはTEN戦と同じ展開。ランを止めて、勢いづいたところに、パスでもプレッシャーをかける、という流れですね。特に、DEトレ・フラワーズが良かったですね。

SSチャンのセイフティーブリッツも、決まりはしなかったものの、プレッシャーを与えることには成功したと思います。

ライン戦で優位に立ち、セカンダリーも踏ん張りました。前半はCBバトラーが決められていたのですが、後半になって持ち直しました。

そして、CBギルモアのパスD#。POに入って調子を上げていたギルモアですが、彼の真骨頂をみました。どうして彼を獲得したのか、というのがわかるプレーでしたね。

後半はディレーオブザゲームをとられたり、フォルススタートをしたりと、JAXのO#も浮き足立っていましたね。勝ちを意識したのでしょうか。

■ST

Kゴスコウスキーが31YdsのFGを成功。距離はともかくとして、成功したのは良かったです。

そして、PRアメンドーラの25Ydsの要所でのリターン。あれも大きかったですね。

■まとめ 

TEN戦のレビューのところでD#はまだまだ安心できないといいましたが、後半はそのD#が踏ん張ってO#につなげました。良い流れでした。進まれるのは仕方がないにせよ、FGに抑えてくれれば、なおいいですけれどね。

RSでPITに勝利し、ここでJAXに勝利。文句無く、PatsはAFC最強でしょう。

次はいよいよSB。苦しい戦いを経験できたのは、SB連覇に向けて良かったのではないでしょうか。

目指すは、NFL最強です。


AFC Championship vs JAX - Preview (2) -

■Pats D# vs JAX O#

偏に、RBフォーネットを止められるか。QBボートルズのスクランブルを阻止できるか。これにかかっています。

正直、D#の豪華さに比べたら、O#は見劣りするように思います。

WRはマーキス・リーとキーラン・コール。ともに獲得Ydsは700台。

そして、弱みはTEにあるのでしょう。先発のルイスが不調らしく、最近のゲームではex-Patsのオショネッシーが活躍しています。

気をつけるべきは、コールへのロングパスと、RBへのショートパスですかね。Patsのセカンダリー陣で、なんとかなりそうです。

JAXのOLは被サックの数が少ないですね。リーグ3位。PatsのDL陣がしっかりと押し込めるかがポイントになりそうです。

TEN戦では、RBヘンリーのランやQBマリオタのスクランブルを防いでいました。これが再現できれば、JAXのO#を無力化できそうです。

■ST

QBブレイディの調子が悪いとなれば、Kゴスコウスキーの出番。

長短関係なく、そのときがくれば、しっかりと決めて欲しいですね。

■スコア予想

Pats 24 - 13 JAX

展開としては、前半は3-10に抑え込まれて、後半はじめにTDを連取して、相手のO#を抑え込む。

そして、4Q早々に勝負をつけるTDをとって、後はJAXにとっていつもと違う展開に持ち込む。

という妄想をしてみます。


AFC Championship vs JAX - Injury Report -

現地水曜日の練習から、練習不参加(DNP)は、無し。

限定練習(LP)は、RBギリスリー(Knee)、DTブランチ(Knee)、RBバークヘッド(Knee)、RTウェドル(Knee)、そしてQBブレイディ(Right Hand)となっています。

なんといっても、ブレイディのケガが心配ですね。

現地水曜日の練習中におったケガらしく、X線では異常は無いようです。

ゲームに出られるとしても、今週の練習には出られないかもしれないので、そうなるとスペシャルプレーをはじめとした調整が心配です。うーん。

また、TEN戦でケガを負ったCBジョナサン・ジョーンズはIR行きへ。代わりに、WRバーナード・リーディと再契約しました。

ジョーンズはシーズン終盤になってCBロウと入れ替えられていますが、スロットレシーバーを抑えるのには長けています。ケガがちなロウに何かがあればピンチになります。そして、何より、STでの活躍が素晴らしい。ジョーンズのケガは、文字どおりに痛いですね。

このタイミングでWRミッチェルをアクティブ・ロスター入りさせなかったということで、ミッチェルのシーズン・アウトが確定。こちらも残念です。

一方で、ウェドルが限定練習ながら練習に参加できたのは吉報ですね。こちらは大事に至らなかったようです。

Patsの最大の敵はケガですね。


AFC Championship vs JAX - Preview (1) -

今週のゲームはJAX戦。勝った方がSuper Bowl(SB)へ進みます。

今シーズンもあと2ゲームということで、ここからはダラダラとゲーム展望を書いていきたいと思います。

■ Pats O# vs JAX D#

JAXというと、やっぱりD#が強いというイメージ。ただ、完全無欠というわけではないと思います。

CB、DLはさすが一線級ですが、LBとSはそれなりに良い、という評価ではないでしょうか。

先週のPIT戦では、PITのTEマクドナルドが10/16、112Yds。レシーブ数はトップの数字です。

こうなると、期待がかかるのは、TEグロンク。そして、グロンクをカバーするのは誰になるのか、というのが肝になるでしょう。

最も良い選手となればCBラムジーということになるのでしょうが、おそらく彼はWRクックスをカバーするのでしょう。TEをカバーできるのかもわからないですしね。仮にグロンクをカバーできないのだとすれば、D#全体が瓦解しかねません。

そうなると、CBボイエか、LBやS、またはLBとSのダブルカバーということになるのでしょう。

LBのうち、マイルズ・ジャックは対パサーレイティングが115.3だそうです。また、TEをカバーしたときは138.9。アスリートなんでしょうけれど、パスカバーはイマイチなようです。

グロンクを止める答えを出したのは、Week17のNYJ。こちらでも書いたとおり、NYJのLBとSの連携で完全に封じ込められました。JAXは同じことができるか。これがポイントになりそうです。

グロンクがカバーされ、ラムジーとボイエにWRクックスとWRホーガンがカバーされると、WRアメンドーラ、RB陣の出番ということになります。このゲームでも、アメンドーラ、ルイス、ホワイト、復帰するようであればバークヘッドの活躍が期待されます。

■ ■ ■

Divisional Rd勝利後のロッカールームの様子。


勝利に沸く姿は、いつ見てもいいものですね。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ