コンバインも終わり、FAの動きも活発になってきました。

FBのジェームス・デベリンが2年の契約延長。総額2.4Mなので、1年では1.2M。

先にFBグロンク弟とフューチャー契約していたので、チームとしては契約交渉を有利に進めたのかもしれません。

優秀なリードブロッカーを確保できたので素直に嬉しいです。

こうなると、FBグロンク弟は早晩リリースされるかもしれませんね。

一方で、INDのTEのドウェイン・アレンをトレードでゲット。

PatsはTEアレンと6巡指名を受け取りつつ、4巡指名をINDに明け渡すことになります。

巷の噂では、今年のドラフトはTEが豊作といわれていたので、このトレードには少し驚きました。

チームとしては、コンバインを見てなお、TEをドラフトではなくベテランから得ようと思ったのでしょう。

TEのミソは、高いキャッチ能力に加えて、OLと連携したブロッキングにあると思うので、それができるTEはドラフトには見出すことができないということでしょうか。

契約期間はあと3年あり、17Mの支払いが残っているので、年平均で約6Mということになるでしょうか。

2017年はロスターに残れば約5Mです。

これは2016年のTEベネットの支払額とほぼ同額。ということで、TEベネットとはお別れでしょうね。

TEアレンは、ケガがちなのは気になりますが、それでも元3巡、27歳とあっては、期待せずにはいられません。

今から、TEグロンクとのコンビが楽しみです。

・・・ただ、ということは、ドラフト2巡(1巡はトレードすると予想)では、LBをピックするのでしょうか。

それとも、DEですかねぇ。

2012年にLBハイタワーとDEジョーンズを1巡でピックしたときの様相となんだか似ています。

スポンサードリンク