ランを出して、ランを止めれば、自ずと勝機がもたらされる。

そういうゲームになると思います。

前回のゲームではPITのNTをうまくC・Gが処理をして、ランを出すことができました。

当然、PITはこの点を補強してくるでしょう。

そして、前回のゲームで、中央のラッシュに穴を見せたのはPatsのC・G。

また、Patsの両Tであるソルダーとキャノンはミスらしいミスをしないので、PITもまたエッジラッシャーを中央にもってきて、ラン・パスの両方に対応してくるのかもしれません。

こうなると、中央のランは出にくくなるので、オープンのランが重要になります。

前回のゲームでは出場のなかったRBルイスのランやFBデベリンをリードブロッカーとしたRBブロントのランが、今回のゲームのキーになるかもしれません。

WRミッチェルの体調が良いとなると、おそらくWRフロイドがインアクティブになるでしょうか。ディープスレッドかつラインキャッチを任されることになるので、万全な方がゲームに出場するでしょうね。ただ、このゲームに出ない方の選手はこの次のSuper Bowlにも出られない可能性が高いので、どちらの選手を起用するのかは注目です。

D#はといえば、やはりRBベルでしょうね。

彼を抑えなければどうしようもありません。

だからといってフロントの数を増やすとパスがやられ放題になるので、SチャンとCBロウのRBへのタックルが重要になってくると思います。

こうなると、WRブラウンにはある程度はやられるでしょう。

ただ、1度はブラウンをターゲットとしたパスをINTして欲しいですね。後半開始直後とかなら、なお良いです。

今回はQBロスリスバーガーがいます。PITのO#としては、ベストの布陣です。

ラッシャー陣には、ロスリスバーガーを倒すというよりも、スローイングをさせないようなプレスをかけて欲しいものです。

スコア予想は、
Pats 21 - PIT 13

最後まで気の抜けない、接戦になると思います。

スポンサードリンク