アメフトファンなら、今週のARI - SEA戦を観て、興奮しない人はいない。


NFLも中盤に差し掛かり、白熱したゲームが数多くなりました。


Patsのライバルたちも鎬を削っています。

■BUF vs MIA

Patsを唯一負かしたBUF。

ラインが安定してきたMIA。

3Q途中までBUFリードの展開も、RBアジャイーの活躍でMIAが逆転。

前週のPittsもそうでしたが、MIAホームはスタミナが奪われるのか、単にMIAのエンジンのかかりが遅いのか、どちらにせよ、後半に強いMIAが定着しそうです。

ただ、ここはBUFの勢いを止めてくれて助かりました。

来週のPatsの相手はBUFです。

■BAL - NYJ

QBが代わったNYJ。

BALが有利と思いきや、QBフラッコが大乱調。

QBスミスがケガで途中交代ながらも、先発を交代させられて発奮したのかフィッツパトリックがなんとか凌いで、NYJの勝利。

というか、NYJはランを中心に組み立てて、ディフェンスが頑張るという、昨シーズンの勝ちパターンを踏襲。

なぜ、これまでにこの展開をしてこなかったのか?

このパターンは十分に脅威です。

Patsもそうですが、MINやDALをはじめとして今シーズンの調子の良いチームはみなこのパターン。

ディフェンスでシャットアウトして、ランでミスなく時間をかければ、相手に付け入る隙を与えません。

来年のドラフトは、どのチームも、RBのピックがキーになるような気がします。






スポンサードリンク