Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

Pats的FA - 若手生え抜き編 -

SB LIの後半のレビューを書く予定でしたが、けっきょく先に書いたものとほとんど変わらないので、こちらについては気が向いたら書くようにします。

ということで、FA。

本来であればポジション別に記載すべきでしょうが、Patsの場合、主力のFAが多すぎです。

しかも、ほとんどが流出するでしょうね。残せるのであれば、シーズン中に動きがあったはずです。

個人的には、ベテランはともかくとして、若い選手にはFA市場、はたまた別チームで活躍できるか試して欲しいと思っています。

やはり、彼らはプロであり、アメフトという競技上は選手生命も永いとはいえませんので、貰えるだけ貰えるチームに移籍するのは当然だと思います。

Patsのやり方としては、これまでどおりに、ドラフトで有望株をピックしてキャンプその他で成長を促しながら、後がないベテラン、お買い得なベテラン、SBリングが欲しいベテランを割安でゲットするというのが本線でしょう。

そういった意味で、CBの二人、バトラーとローガンは再契約するのは難しいでしょう。Sのハーモンも同様です。CBコールマンはもういいです。ついているレシーバーにあっさりとセパレートされてしまうので、頼ることができません。

そこで、シーズン中は、2015年ドラ2のSリチャーズと2016年ドラ2のCBサイラス・ジョーンズにがんばって欲しかったのですが、育成がどうもうまくいっていないようです。シーズン前にリリースした2013年ドラ2のWRドブソンのようにならなければよいのですが、どうでしょうか。

LBハイタワーも移籍するでしょうね。LBジェイミー・コリンズの移籍に疑問をもったり、優勝パレードに参加しなかったりというところをみると、Patsやニューイングランドに未練はないように思えます。SBリングを2つも持っていますしね。

若手の生え抜きということでいえば、RBボールデン、FBデベリンがどう決断するのかは、興味があります。

特にデベリンはリードブロッカーとして優秀なので、他のチームからの需要もあると思います。そう思ってチームは、FBグロンク弟と、フューチャー契約をしたのでしょう。ボールデンについては、どうでしょうねぇ。チームは再契約しないかもしれません。

OTフレミングもどうなるかわかりませんが、おそらくドラフトでOTを指名するでしょうから、再契約をしない可能性があります。こちらについては、チームがどういう決断をするのか興味深いです。

SB LI vs ATL - 悪夢(?)の前半 -

SB LIを見直しています。

前半は悪夢だった・・・と思っていたのですが、改めて見直すとそうでもないですね。

QBブレイディの前半の成績は、15/25で179yds。

RBブロントのファンブルもブレイディのINTもありましたが、ある程度攻撃が進んでからのもの。

結果論ですが、前半を振り返ってみても、ATLのD#に歯が立たなかったというわけではありません。

ただ、ランが出ず、スクリーンパスが抑えられたことから、O#のテンポが乱されました。ATLのD#のコールが良かったのでしょう。

一方、ATLのO#に転じれば、最初のTDは、WRフリオ・ジョーンズとRBデボンテ・フリーマンによるもの。

2つ目のTDは、WRガブリエル、WRジョーンズ、RBコールマンに進まれ、最後はSチャンとの体格差によりTEフーパーに決められてしまいました。

とはいえ、一番の懸念材料だったWRジョーンズはよく抑えていたと思います。WRサヌーにはほとんど仕事をさせませんでした。CBライアンとCBロウが良い仕事をしていましたね。特にライアンの献身的なプレーが目につきました。なんとか契約延長して欲しいものです。

問題はCBバトラーで、ガブリエルに随分とやられました。バトラーは好不調の波があり、シャットダウンCBとまではいえないように思います。それでも、今年のドラ2のCBサイラス・ジョーンズなどとは違い、ルーキー時代からゲームに出ていましたから、能力は確かなのでしょう。

前半のスコアは、
Pats 3 - ATL 21

ただし、PatsのO#は決め手に欠けるものの前進はしていました。あとはTDだけという状態。

PatsのD#は、TDを2つ奪われたものの、No.1とNo.2ターゲットを無力化することに成功していました。あとはランを止めて、バトラーがガブリエルを抑えれば、ATLのO#をなんとかすることができました。

Patsの後半の大逆転につながるシナリオは、前半のうちにできあがっていたのです!

・・・とまぁ、こういうことがいえるのは、後半・OTの結果を知っているから。

観戦していた本人としては、前半のスコア差に絶望していました。

どうです? 前半終了の時点で、後半にPatsはやってくれるはず!、と思っていたPatsファンはどれだけいましたでしょうか??

だって、PIC6をブレイディが献上するんですよ?! ベテランのRBブロントがファンブルするんですよ?! RSでさえ滅多にお目にかかれないのに、SBで起こったんですよ! 2つとも!!

後半は逆転するだろうと思えたPatsファンは、さすがです。感服するとともに、尊敬します。

Patsファンであることを、Patsに試されて、そして叩きのめされたようなゲームでした。

ファンってなんだろう、とか、
盲信できない自分はダメなのか、とか、
ちょっと考えさせられましたね。

少なくとも、ファンである以上は、勝ってても負けてても、ゲームが終わるまでは、ただただ応援しなければならない。

改めてそう思わせてくれたSB LIでした。

後半・OTについては後日また書くことにします。

SB LI vs ATL - 感想 -

改めてゲームの後半を見直しました。

えぇ、前半は見直す気持ちには未だなれないです。

TDを取られた後のPatsのO#。

このドライブがゲームの明暗を分けた鍵だったのではないでしょうか。

25点差をつけて、ATLのD#は気が緩んだのでしょうか。ランがでます。

4thダウンのギャンブルも成功し、QBブレイディもスクランブルを披露。なりふり構ってられません。それでもどこか余裕のあるATLのD#。

ここでTDを奪うものの、PATは失敗。その次のPatsの攻撃もFGで終わります。ミスが続き決めきれないPatsに、ATLはイマイチ警戒感が少なかったでしょうか。まだまだ焦りがみえない。

さすがに次のPatsのO#でTD&2PCが決まった段階でヤバいと思ったのでしょうが、時すでに遅し。あとは皆さんがご存知のとおりの結果になりました。ATLとしては同じように前半に大量リードを奪って勝利したGB戦の記憶が新しかったでしょうか。

若いチームだけに1度失ったモメンタムを引き寄せきれず。HCダン・クインがD#のコールを出していたのでしょうか。HCがどうにもできないことを選手がどうにかしようとするのは困難です。

OTでも2つのタイムアウトがあったのだから使えば良かったのに、と思ったのは私だけでしょうか。

Cマックも調子がイマイチなのか、PatsのDEフラワーズにインサイドラッシュをかけられて抑えきれませんでしたね。後半はライン戦に勝ちました。

弱点を露呈しながらも、それでもゲームに出続けたPatsのOL。けっきょく、誰1人抜けることなく5人のラインメンは健在でした。真ん中3人はまだまだこれからの選手なので、来年はもっとやってくれるはず。今から楽しみです。

上手くいきすぎてもダメだったと思われる後半。最後の悪あがきと思われたからこそ勝てたような気がします。もちろん、悪あがきを続けることができ、最終的に勝利をもぎとったPatsはサスガです。

最後に。グッデル・コミッショナーが登壇した際のブーイングはどうなんでしょうねぇ。Patsファンとしては、気持ちはわかるのですが。
Pats/NFL本




スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
11 WR Julian Edelman
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
15 WR Chris Hogan
16 WR Chad Hansen
18 WR Matthew Slater
21 DB Duron Harmon
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
26 RB Sony Michel
27 DB J.C. Jackson
28 RB James White
29 DB Duke Dawson
30 CB Jason McCourty
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Jeremy Hill
34 RB Rex Burkhead
35 DB Keion Crossen
36 LB Brandon King
43 DB Nate Ebner
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
51 LB Ja'Whaun Bentley
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
54 LB Dont'a Hightower
58 DL Keionta Davis
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 OL Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 DL Danny Shelton
75 OL Ted Karras
77 OL Trent Brown
82 WR Amara Darboh
83 TE Dwayne Allen
84 WR Cordarrelle Patterson
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise Jr.
93 DL Lawrence Guy
94 DE Adrian Clayborn
95 DE Derek Rivers
96 DL Geneo Grissom
98 DL Trey Flowers

(2018/09/04現在)