Do Your Job - NFL Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

TE二クラス&OLボワンコを獲得 他

Patsはex-ARIのTEトロイ・二クラスと契約。

二クラスは2014ドラフトの2巡。1年契約です。まずは、ポテンシャルを引き出してのロスター争いか。

続いて、ex-BALのOLルーク・ボワンコと契約。

JAXにて、2014ドラフトの6巡。どうやらCのようですね。テド・カラスやコール・クロストンとロスターをかけて争うことになりそうです。

■ ■ ■

ブランディン・クックスのトレードについて、いろいろと報道されています。

その中の一つが、Patsはクックスとオフシーズン中に契約延長の交渉をもったが、金額の開きがあって、クックスを諦めた、というもの。

まぁ、そうなのでしょう。このオフシーズンのWRのインフレを考えると、折り合いをつけるのが難しかったのでしょう。

マイク・エバンスの16Mというのはわかるのですが、サミー・ワトキンスの16M、アレン・ロビンソンの15Mというのは、いやはやなんとも。

そりゃあ、クックスとしても、16M程度を要求したくなるというものですね。SBに出たチームのNo.1レシーバーだったわけですから。

一方で、レシーブにムラがあったのは確か。活躍するときはレシービングが100Ydsを越えていましたが、50Ydsを下回るゲームもしばしば。

エデルマンやホーガンのように、コンスタントに60~70ydsをレシーブするという安定性はありませんでした。

とはいえ、2年目に入って、ブレイディとの連携が向上して、毎ゲーム安定したプレーを見せてくれるのでは、という期待を抱いていたのですが。泡となって消えてしまいましたね。

なかには、ドラフトの指名順位が欲しくてクックスをトレードに出した、というのがありますが、どうでしょうか。

チャンドラー・ジョーンズ、ドンタ・ハイタワーといった、このクラスの超一流候補がいるのであれば話は別ですが。

「棚からぼた餅」的な要素があるので、1巡2つをもって、すんなりとドラフトに臨む、とはちょっと考えにくいですかね。2つともピックすることはないような気がします。今後もなにかしらのトレードがあるのではないでしょうか。あくまで予想ですが。

クックスと状況がいっしょなのでNYGのOBJは無いと思いますが、契約が残っていて、サラリーキャップに苦しみ、さらにドラフト1巡が欲しいチームの大型WRがいれば、トレードもあるかも。CINのA.J.グリーンなんてどうでしょう。

ところで、コメントにもいただいていますが、LARの補強っぷりはスゴイですね。

ただ、その分、QBジャレッド・ゴフのプレッシャーも相当なものになるでしょうね。クックスを使いこなしたブレイディと否が応でも比較されることになります。ただ、クックスの成績が上がったら、やっぱりドラ1はスゴイ、ということになるのでしょうか。そうなると、ドラフトでのQB指名がさらに過熱しそうです。


WRクックスをLARへトレード

衝撃的なニュースが。

WRブランディン・クックスと4巡を差し出して、LARの1巡と6巡を獲得しました。

2年目のクックスが楽しみと思っていたところで、このトレード。残念ですね。

また、昨年クックスを獲得するのに1巡(全体32位)と3巡(全体103位)を差し出して、クックスと4巡(118位)を受け取っていますので、1巡は良いとしても、もう一つが6巡かぁ、というのが正直な感想です。

考えられるとすれば、契約延長を打診したところ、折り合わずに、仕方がなくトレードへ、といったところでしょうか。ビジネスと考えれば、致し方無しか。

2017シーズンは、彼のスピードに魅了されました。非常に楽しませてもらいました。ありがとう、といいたいです。

気持ちを切り替えて、これでドラフト指名権は次のとおりに。

1巡23位(全体23位)
1巡31位(全体31位)
2巡11位(全体43位)
2巡31位(全体63位)
3巡31位(全体95位)
6巡36位(全体210位)
6巡
7巡1位(全体219位)

先日話題にした4巡が無くなりましたが、1巡が増えたのはいいことですね。


Patsのドラフト4巡

OTキャメロン・フレミングはDALと契約しました。1年3.5Mのようです。

1年というのは予想の範囲内でしょうか。3.5Mというのは、微妙ですね。Patsであれば単年でこの額は出せなかったでしょう。

さて、フレミングといえば、2014ドラフトの4巡。フレミングに限らず、Patsでは4巡の選手が活躍しています。

2014年以降のドラフトを挙げると以下のとおり:

2017ドラフト DEデトリッチ・ワイズ
2016ドラフト WRマルコム・ミッチェル
2015ドラフト DEトレ・フラワーズ、Gトレ・ジャクソン、Gシャック・メイソン
2014ドラフト Cブライアン・ストーク、RBジェームス・ホワイト、OTキャメロン・フレミング

ドラフト3日目に、残っている中からベストな選手を選んでいる可能性があります。ドラフト1日目と2日目はニーズ重視、3日目はシーズ(選手)重視というように。

こう考えれば、1巡は即先発、2巡・3巡はローテーション又は控え、4巡以降は育成、という流れでしょうか。

Patsの場合、1巡でピックした選手を育成する、という考えは無いと思います。その最たる例がDTドミニク・イーズリーでした。早々に見切りをつけて、2年連続ドラフト1巡でDTを指名するという状態を招いています。このときは、ヴィンス・ウィルホークの後釜が必要でしたからね。

今年のドラフトで1巡を指名するとすれば、即先発が求められる選手(ポジション)ということになります。

ただ、O#・D#を見渡して、即先発が求められるポジションがあるかといえば、無いですね。傍から見れば、LBがそれにあたりますが、ハイタワーとヴァン・ノイがいますからね。

そう考えると、1巡をトレードに出して、2巡・3巡・4巡を増やすというのが考えられるシナリオだと思います。そして、ドラフト2日目に2人のLBをピックする、と。

もちろん、QBのピックは必ずあるでしょう。キャンプのことも考えるとQB2人というのはあり得ないと思います。1人がケガをしてしまったら、練習にならないですからね。ジョニー某の名前も挙がっていますが、キャンプ要員としてはアリでしょうか。

ローテーション・控え要員をピックしたところで、4巡で活きの良い選手をピックする。HCベリチックにしてみれば、ドラフト3日目が一番楽しいのではないでしょうか。あくまで想像ですが。

ただ、4巡に誰がピックされるのか、これを楽しみにしても良いとは思います。


Pats本


スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

2 QB Brian Hoyer
3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
49 LS Joe Cardona
50 LB Nicholas Grigsby
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
55 DL Eric Lee
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
75 G Ted Karras
77 OT Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
85 WR Kenny Britt
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
92 LB James Harrison
93 DL Lawrence Guy
94 DL Ricky Jean Francois
96 DL Geneo Grissom
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers

(2018/01/16現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
Patsファッション
オススメAIロボット


ウチも使ってます。
  • ライブドアブログ